2019/02/17

青森・秋田旅行(その2)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 21:53

 青森・秋田旅行、その2です.

100F1970

FUJIFILM X100F

 2日目はまず弘前に向かいました.
 昨日の特急「つがる」でも感じましたし他の列車でも思いましたが、わずかな降雪ですぐにストップする首都圏の列車を見ている身からすると、これだけ雪まみれになっても走り続けることができるのはすごいです.

100F1984

FUJIFILM X100F

 弘前駅にはこんな看板が.弘前を象徴する4種、弘前城、弘前公園の桜、りんご、岩木山です.
 余談ですが、改札からホームに向かうエスカレータには「またきて弘前へ」という同じデザインの看板が出ています.

100F1988

FUJIFILM X100F

 弘前駅にはJR東日本のほかに弘南鉄道の駅も併設されています.
 そちらを見ると、年代物の電気機関車がラッセル車を牽引しているのが見えました.動いているラッセル車を見るのは初めてです.
 先日の松本旅行のときにアルピコ交通で見かけた電気機関車は同じ弘南鉄道でも別の「大鰐線」にいるようですが、ラッセル車を牽引している電気機関車「ED333」はその機関車よりもさらに古い、1923年製.かなりレアなものを見ることができました.

100F2002

FUJIFILM X100F

 弘前駅前から市内循環バスに乗って弘前公園方面に向かいます.この循環バス、10分に1本のペースで運行されているうえに運賃は100円というのが嬉しいです.
 循環バスを「市役所前」で下車し、お堀に沿って歩いてスターバックスの横を通りさらに歩くと洋館が姿を現します.「藤田記念庭園」内にあるこの洋館が「大正浪漫喫茶室」として食事ができるようになっていますので、こちらで昼食をいただきました.

100F2010

FUJIFILM X100F

 室内の席と庭を眺めることのできる窓際の席がありますので、両方空いているときは窓際がオススメです.
 ランチのハヤシライスをいただきました.他のメニューはカレーライスにミートソーススパゲティ、ナポリタンなどです.

100F2019

FUJIFILM X100F

 食後にいただいた、アップルパイとアールグレイティ.
 アップルパイは市内の店舗から取り寄せた数種類の中から好きなものを選べるという贅沢さ.さすがりんごが特産のだけはあります.自分はシナモンが効いているのが好みなので、「ないすらいふ」のアップルパイを選びました.りんごがぎっしり詰まっていて美味しかったです.
 なお、弘前の観光協会では市内で食べられるアップルパイのガイドマップを作成しており、その数47種類!アップルパイ好きとしてはたまらないものがあります.

100F2015

FUJIFILM X100F

 窓の外にときおりちらつく雪を眺めながらの食事は至福のひとときでした.

100F2023

FUJIFILM X100F

100F2026

FUJIFILM X100F

 その後向かったのがスターバックスコーヒー 弘前公園前店.普段見かけるスターバックスコーヒーの店舗とは雰囲気がかなり違いますが、1917年建築の陸軍師団長の官舎を使用した、登録有形文化財を使った店舗なのです.お客さんでごった返していたので撮影はしませんでしたが、店内も歴史を感じさせる作りになっています.

100F2033

FUJIFILM X100F

 コーヒーとともに購入したのがこのグラス.
 「津軽びいどろ」と呼ばれる、この土地ならではの手法で作られたグラスで、販売しているのは青森県内の店舗のみ.
 右のグラスは青森県内の他の地域でも売られていますが、弘前公園の桜をイメージした左のグラスは弘前市内の店舗のみの販売.両方とも欲しくて直前まで迷ったのですが、今回は右のグラスを購入しました.左は次回訪れたときに買うことにします.

100F2036

FUJIFILM X100F

 弘前公園へ.

100F2040

FUJIFILM X100F

 ちょうど「雪灯籠まつり」が開催されており、来場者も多くいました.
 地面は除雪されておらず、来場者も多いということは踏み固められており、注意して歩かないとすぐに滑ってしまいます.滑り止めとして靴に取り付ける簡易的なアイゼンを使うことにしましたが、それでも滑りますね.小さな子供とかが元気に走り回っているのを見て、どうしてあんなに走り回れるのかと思いました.雪用のブーツなどを履いているというのもあるとは思うのですが、慣れが大きいのでしょうか.

100F2051

FUJIFILM X100F

 天守は現在、石垣工事のために場所が移動されています.もともと大きくない天守ですが、こうしてみるとさらにこじんまりとしているようにも見えます.

 つづきます.

2019/02/16

青森・秋田旅行(その1)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 23:49

 3連休を利用して、青森・秋田方面に旅行に行ってきました.

100F1878

FUJIFILM X100F

 まずは東京駅から東北新幹線「はやぶさ」で新青森へ.
 3連休に加えて、中国の春節にもかかる日程でしたので、東京駅の混雑ぶりは凄かったです.

100F1892

FUJIFILM X100F

 八戸を過ぎたあたりからこうした遠くに森が見える光景が広がってきます.「青森」の語源は海から見たときに「青い森」が見える、からだというのをどこかで聞いた記憶がありますが、なんだか納得です.

IMG_7093

Apple iPhone 8

 新青森駅の構内にはこんな雪だるま型ねぶたが.
 積雪69cmなんて東京で降ったら大パニックになる数値ですが、青森だとどのような扱いになるのか、見当がつきません.

100F1909

FUJIFILM X100F

 新青森で下車し、いったん改札から出て駅構内で昼食をとりました.
 青森といえばやはり海産物が美味しいのですが、道中で刺身などは食べる機会はいくらでもあるであろうと思い、「太宰らぁめんと津軽のめしや めぇ」に入りました.

100F1907

FUJIFILM X100F

 太宰治は五所川原から津軽鉄道に乗り換えた先にある、金木の出身です.また、「津軽」という旅行記を残しており、津軽地方を旅したときのことを書き残しています.店内にはそこかしこに太宰治の写真などが飾られていました.

100F1904

FUJIFILM X100F

 いただいたのは「太宰の昼めし」なるメニュー.
 「若おいのおにぎり」は海藻で包んだおにぎり.「筋子納豆ご飯」は醤油のかわりに筋子を入れたもの.「ホタテの貝焼き味噌」はホタテの殻で調理した、ホタテと卵を味噌で味付けしたもの.そのほか、桜鍋の小鉢、けの汁(山菜や野菜を細かく刻んで具にした味噌汁)、梅干しの紫蘇巻きなど、津軽地方の食べ物がセットになっています.
 どれも美味しいのですが、筋子納豆ご飯が気に入りました.
 どれも味がしっかりとついており、青森県が日本一の短寿命県といわれているのがなんとなくわかるような気がしました.

100F1923

FUJIFILM X100F

 新青森から青森までは特急「つがる」で移動.なお、新青森-青森間のみの乗車では特急券を持っていなくても特急列車に乗車することができます.

100F1930

FUJIFILM X100F

 出発した時間がやや遅めということもあって、夕方に近い時刻でしたので、まずはホテルにチェックインしてしばらく休んだのちに夕食に出かけることにしました.

100F1952

FUJIFILM X100F

 夕飯は青森駅近くにある「アウガ」の地下の「りんご箱」

100F1943

FUJIFILM X100F

100F1949

FUJIFILM X100F

 定番の刺身、ホタテと長芋の天ぷらなど、いくつかいただきましたがどれも美味しかったです.
 観光客だけでなく地元のかたと思しきグループもいましたので、地元でも人気の店なのでしょうか.

100F1948

FUJIFILM X100F

 ステージがあり、19時からは津軽三味線の演奏も聴くことができます.

つづきます.

2019/02/06

松本旅行(その2)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 00:05

 松本旅行、2日目です.

FXP23995

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 夜のうちに少し雪が降ったようで、道路や屋根がうっすらと冠雪していました.
 長野県はどこでも雪が結構降るようなイメージでいましたが、松本は大雪というほどには降らないようです.
 昨日お茶しにいった、「まるも」を再び訪れて朝食をいただいてきました.

IMG_7041

Apple iPhone 8

 朝食はハニーバタートースト.くるみがたっぷりなところがいいですね.

FXP23998

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 店の雰囲気はこんな感じで、落ち着くのです.ここはまた松本にきたら一休みしにきたいところです.

FXP24001

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 ホテルを出て、松本駅に.
 「あずさ」はほとんどが松本駅が終着ですが、1本だけ大糸線に直通する南小谷行きというのがあるのでそれに乗車します.南小谷はJR東日本とJR西日本の境界の駅で、ここから先は電化もされていないのであずさは進むことはできません.
 駅のホームにこうしてイラストや「E257系」の表記がされるのもあとわずかです.

Apple iPhone 8

 余談ですが、私はこの松本駅の独特のアナウンスが好きです.かつては上野駅も同様のアナウンスがされていたそうですが、いまは別のものになったようです.

FXP24007

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 松本駅を出発してしばらくはうっすらと雪の積もった車窓が続いていたのですが、信濃大町駅を過ぎたあたりから徐々に雪深くなってきました.これは木崎湖の様子ですが、田んぼが広がる風景だったのがすべて雪で覆われています.
 松本駅でも案内されていましたが、この日は雪のため南小谷に向かう各駅停車は白馬までの運行となっており、代行バスが走ることになっていました.

FXP24019

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 更に進むとこんな光景に.
 沿線に白馬や簗場など有名なスキー場がいくつもあるだけのことはあります.

FXP24024

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

FXP24025

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 南小谷駅に到着.ふだん、新宿駅で見かけることの多いこの列車がこんな雪深いところまでやってきたのを見るのは、ちょっと感慨深いものがあります.

FXP24028

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 この先、JR西日本区間の糸魚川方面も、やってきた方向に戻るJR東日本区間の松本方面もどちらも列車は運行されません.なので、代行バスに乗ることになります.
 自販機で切符を買い、白馬行きの代行バスに乗り込みます.代行バスなので、途中駅に立ち寄るのですが、途中で乗り降りした人は誰もいませんでした.特急は運行されるけど各駅停車は運休するというのは、無人駅の除雪が間に合わないという理由なのだということをここで理解しました.

IMG_7048

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 白馬から先は列車が運行しているので、代行バスも白馬までとなります.各駅停車に乗り換えて信濃大町駅で下車しました.

IMG_7049

Apple iPhone 8

 この時点で13時を回っていましたので、駅前の店に入ってラーメンをいただきました.

IMG_7051

Apple iPhone 8

 なかなかにこってりとしたラーメンでしたので、なにか飲み物でもと思って駅前の土産物店に入ったところ、大町名物という「ハサイダー」なるサイダーがあったので迷わず購入.大町は黒部ダムの長野側に近い街ということもあって、黒部ダムの破砕帯から出た水を使って作ったサイダーだそうです.

FXP24039

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

 再び各駅停車に乗り込み、松本駅に.
 最後にやり残した(食べ残した?)ものとして、駅前にある「翁堂」でたぬきケーキをいただきました.

FXP24050

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

FXP24054

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

FXP24055

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 帰りは新型のE353系「スーパーあずさ」に乗車しました.3月には定期運用のあずさはすべてこの車両になるので「スーパー」とつく列車名もなくなります.

2019/02/04

松本旅行(その1)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 23:37

 1泊2日で松本まで出かけてきました.

FXP23875

FUJIFILM X-Pro2 + INDUSTAR 69 28mm F2.8

 今回の目的の一つは、3月のダイヤ改正で定期運用から外れるE257系「あずさ」に乗車すること.すでにスーパーあずさはE351系からE353系に置き換えられており、E257系もE353系に統一されるので、「スーパーあずさ」という名称自体がなくなります.

FXP23882

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 松本駅に到着すると、新宿行きとおぼしきE353系の姿が.

FXP23883

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

IMG_7030

Apple iPhone 8

 松本に到着したのがちょうど昼の12時ごろだったので、リュックを駅のコインロッカーに預けて、駅前の「高橋」に.
 ここのカツ丼は、日本でも唯一ではないかといわれている、卵とじのカツをソースにくぐらせた、卵とじカツ丼とソースカツ丼のいいとこ取りみたいなカツ丼なのです.サイズが大中小とあって「中」を頼んだのですが、普通の店の大盛りくらいはありました.「大」は店先にサンプルがありますが手を出すべきものじゃないサイズです.小鉢がいくつかついているのがいいですね.とくに野沢菜とリンゴの存在が長野にきたなと感じさせてくれます.

FXP23886

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

FXP23894

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 満腹になったところで、アルピコ交通の上高地線に乗車します.この列車、旧京王井の頭線の3000系車両です.
 松本から新島々まで乗車すると、片道700円かかるので、事前に1日乗車券(1,000円)を買っておくのがオススメです.ただし、松本駅では買えず、駅と道路を挟んだアルピコ交通のバスターミナル内の切符売り場で買う必要があります(列車内でも車掌から買うこともできるようです).

FXP23908

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 新島々駅に向かう途中、車両基地のある新村駅で味わい深い機関車がいるのを見つけたので、帰りに途中下車してみました.

FXP23913

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

 ED301です.Wikipediaを参照すると1926-27年に信濃鉄道で製造され、その後信濃鉄道が国有化されて国鉄の所有となり、その後岳南鉄道、西武鉄道を渡り歩き、1960年に松本電気鉄道(アルピコ交通)に譲渡され、2005年に静態保存されたという、100年近い歴史のある流浪の機関車です.

FXP23925

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

 スノープラウがついており、除雪作業などに使われていたようです.この列車が除雪作業するところを見てみたいものです.3両製造されたうちの1両は弘南鉄道の大鰐線で現役で除雪用に使われているそうなので、機会があれば見てみたいものです.

FXP23958

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

 松本駅に戻り、ホテルにチェックイン.しかしまだ時間が早かったので、お茶でもしに行こうと以前訪れて気に入った喫茶店「まるも」に.自家製レアチーズケーキとコーヒーをいただきました.

FXP23971

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

FXP23975

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

FXP23977

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

 夕飯は、これまた松本ではお気に入りの洋食屋である「おきな堂」に.ランチでは何度か訪れているのですが、ディナーの時間帯は初めてなので、コースでポークステーキを.安曇野産の分厚いポークステーキはなかなか食べでがありました.

FXP23978

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

 コースにはコーヒーがつくのですが、ついでに名物のプリンも追加で.

FXP23991

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 松本城に近いところにホテルを取ったので、夕食後に散歩がてらお城を見にいってきました.
 風もほとんどない日だったのでライトアップで鏡面のように映えたお城の写真が撮れるかなと期待していたのですが、お堀の水をポンプで循環しているせいか水面がやや波打ってしまっているのが残念でした.

 続きます.

2019/01/01

2019年 新年のご挨拶

Category: 日記・雑記 — Annexia @ 00:00

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

 2019年を迎えました.
 新年の抱負、というようなご大層なものはとくにございませんが、自分の思うところに素直になり、前向きに行動していければそれでよしとしたいと考えております(訳:欲望の赴くままに、欲しいものは買うぜ!).

 今年もよろしくお願いいたします.

(文章は年号だけかえて昨年のコピペ)