2020/06/06

Shure AONIC 4

Category: 物欲,電化製品,音楽 — Annexia @ 16:29

 Shureのイヤホンは昨年購入したSE425と、BluetoothレシーバとセットになっているAONIC 215付属のSE215を使用しています.
 解像感の高いSE425の音色と低音に力のあるSE215の音色、どちらも好みなのですが、それを兼ね備えたようなイヤホンAONIC 4が発売されたので、購入しました.

IMG_8356

Apple iPhone SE2

 AONIC 215のときにイヤホンのケースとは思えない巨大さで驚きましたが、AONIC 4も同じサイズのパッケージでした.直径18cmもあります.円柱形をしているのですが、下に滑り止めがついていて転がらないようになっています.謎の配慮です.

IMG_8359

Apple iPhone SE2

 中身の配置もAONIC 215同様です.ケースも同様に円形をしていてジッパーで開閉するのですが、AONIC 215のようにバッテリや充電ユニットを搭載しているわけではないので、ややコンパクトになっています.

FX703918

FUJIFILM X70

 丸くてコロンとした形状をしています.耳に装着した時に外側がクリアになっており、中身が見えるようになっています.こうしてみると結構メカメカしいです.SE425はバランスド・アーマチュアユニットを2基搭載した2BAモデルでしたが、AONIC 4は低音用のダイナミック・ドライバユニットを1基、高音用のバランスド・アーマチュアユニットを1基搭載した、ハイブリッドモデルです.
 耳に接する側には大きく「4」とプリントされています.

FX703920

FUJIFILM X70

 SE425との比較.外見はSE425のほうがロゴや型番がエンボス加工されていることもあってか高級そうに見えます.

 聴き比べた印象ですが、
・SE425のほうが音域に偏りなく出ているのに対し、AONIC 4はやや低音が強め.とはいえ、バランスを崩すほどではない
・SE425はモニタリング的な音であるのに対して、AONIC 4は勢いがあって聴いて楽しむタイプ
・SE425よりもAONIC 4のほうが音の広がりを感じる
・SE425付属のケーブルのほうがAONIC 4付属のリモコンマイク付きケーブルより音がいい
というような感じでした.

FX703922

FUJIFILM X70

 外出時に使用するイヤホンをAONIC 4とAONIC TW1の組み合わせで使用し、家で聴く用にSE425を使用することにしました.
 SE215とリモコンマイク付きケーブルの組み合わせでネット会議用に使用しようかと考えていますが、遮音性が高すぎるのも一長一短かなという感じではありますね.

2020/06/01

X100V用サムレスト

Category: カメラ・写真 — Annexia @ 22:08

IMG_8335

Apple iPhone SE2

 Lensmate製のX100V用のサムレストを購入しました.

IMG_8338

Apple iPhone SE2

IMG_8337

Apple iPhone SE2

 X100Tの頃から、X-Proシリーズも含め、毎回購入している製品です.製品的には信頼しているので、発売前の段階で予約を入れて個人輸入しました.日本でも代理店があるので手間をかけることなく購入できるのですが、本国のほうが注文受付が早かったのと、若干ながら安かったのです.
 装着した感じではまったく問題もなく、親指を引っ掛けることで標準の状態をはるかにしのぐ安定性を得ることができます.シャッター速度ダイヤルとの干渉を防ぐためのヒンジがついているのですが、ガタつきもなくさすがのクオリティです.
 ただ、残念なのはフラットに仕上げられたX100Vの軍艦部からサムレストの取り付け部分が盛り上がるようにしてはみ出てしまうこと.強度などの面で高さが必要なわけでもないので、ここはもう一つ工夫してもらいたかったところです.

2020/05/10

iPhone SE2 (PRODUCT) RED

Category: コンピュータ,物欲 — Annexia @ 13:16

100V0246

FUJIFILM X100V

 iPhone SE2 (PRODUCT) REDを購入しました.
 いままで使っていたのはiPhone 8 (PRODUCT) REDで、2018年4月の購入なので、ちょうど2年で買い替えた感じです.
 2年使ったもののiPhone 8は速度的には不満もなくバッテリも持ちも悪くはない感じだったのですが、
・11のような大型モデルではなく、コンパクトなボディサイズがいい
・ホームボタン付きがいい
・SEのつくモデルはロングランになりそうなので、iPhone 8が状態が良くて高値で売れるうちに機種変更しよう
というようなあたりの理由で買い替えました.
 ちなみにSIMフリー版をAppleから購入し、自分でSIM(au)を差し替えました.


100V0253

FUJIFILM X100V

 左がiPhone 8 (PRODUCT) RED、右がiPhone SE2 (PRODUCT) RED.
 サイズも重量もまったく同じ.外見上の違いは背面のAppleロゴが中央になったということ、それから「iPhone」の文字がなくなりました.カラーバリエーションがこの赤の他に白と黒があるのですが、そちらの場合は(PRODUCT) REDの文字もないので、さらにシンプルな外見になっています.
 中身はiPhone 8から2世代新しくなっており、ハイエンドモデルであるiPhone 11/Proと同じA13 BIONICが搭載されています.


100V0256

FUJIFILM X100V

 同じ(PRODUCT) REDですが、赤の色味がかなり違います.左のiPhone 8のほうが深みのある赤で、右のiPhone SE2のほうが一般的な赤色に近い感じでしょうか.自分の感覚ではiPhone 8がC0/M100/Y100/K25くらい、iPhone SE2がC0/M100/Y80/K0くらいに感じられます.好みでいいうと、iPhone 8のほうがいいですね.

IMG_8311

Apple iPhone SE2(Mカメラで撮影)

 カメラ周りはiPhone 8と同じで、35mm換算で28mmの単焦点レンズです.
 いろいろと後補正は入っているのかもしれませんが、歪みのない画像です.

IMG_8313

Apple iPhone SE2(標準カメラアプリで撮影)

 直射日光の入るようなシチュエーションだと画像に乱れは出ますが、出掛けたときにちょこっと撮影する、いわば「メモカメラ」的な位置づけとしてみれば十分な写りです.むしろ標準のカメラアプリに対する不満は、画像よりも盛大に響き渡るシャッター音をなんとかしてというところなのですが、まあ今後も改善されないのでしょうか.

 iPhone 8からSE2への買い替えということで外見の目新しさはほぼゼロなのですが、8の外見に不満があったのかといえばないので、外見はそのままに中身をアップデートという方針には好感が持てます.おかげでコスト的にも抑えられていますし.
 色も含めて外見が気に入っているので保護フィルムも貼らずに裸で使いますが、落とさないように気をつけないと.

2020/05/06

通販いろいろ

Category: 食べ物 — Annexia @ 22:19

 昨今の事情により、今年のゴールデンウィークは外出もままならない状況でした.
 旅行に行くどころか、スーパーに買い物に行くのも3日に1回にしてくださいといわれるような始末ですので、なにかこう、美味しいものなどを取り寄せしたいということで連休前あたりからいくつか通販をして過ごしていました.

100V0220

FUJIFILM X100V

■4月22日到着
松本ホテル花月『花月オリジナルくるみのクッキー』『欧風ビーフカレー』

 松本に旅行に行く際にお世話になっているホテル.この状況ということでホテルは休業になり、仕出し弁当を売ったりと苦労されている様子だったので、支援も込めてクッキーとカレーを.カレーは朝食のビュッフェでも出てきて美味しいのですが、旅行途中で荷物が増えるのを嫌って買わずじまいだったのでちょうどいい機会だったといえます.

■4月25日到着
アンデルセン『あたらしもみじ』『瀬戸田レモンケーキ』

 『あたらしもみじ』はもみじまんじゅうを作っているにしき堂とアンデルセンのコラボ商品.にしき堂が外側の生地を、アンデルセンが中のフィリングを担当しています.「瀬戸の柑橘フロマージュ」「瀬戸の藻塩ショコラ」「大崎上島のレモン」と3種類あって、なかでも自分の好みは「大崎上島のレモン」ですね.このブログを書くにあたってアンデルセンのWebをみたら掲載がなくなっており、にしき堂のWebをみたら、今回の事情による製造体制の調整のため4/26より生産を取りやめるとの表記が.いつの日か復活してもらいたいものです.
 『レモンケーキ』というと、スーパーのパン売り場の片隅に売られていたりするのを見かけたりしますが、これはかなり本格的なもの.レモンピールも加えられているなど、レモン好きにはおすすめです.

■4月26日到着
貴千『揚げかま(梅)』『ボーノ棒』『かつおのたたき風蒲鉾』

 2011年の震災のときに店の存在を知り、その後ちょくちょく購入しているいわきのかまぼこ店.
 『揚げかまぼこ』が美味しくて、白だしでちょっと煮込むだけで練り物好きとしてはごちそうになります.
 『ボーノ棒』はかまぼこなのにイタリアン風味を目指したというかわりもの.かまぼこにチーズを入れるのはおつまみとしては定番ですが、さらにバジルチキン、イカとペッパー、サーモンを入れて洋風にしたもの.自分はご飯のおかずにしますが、酒飲みだったらおつまみにも.
 『かつおのたたき風蒲鉾』は、カツオに薬味(大葉やニンニク)を練り込んで作ったかまぼこ.しかもこのかまぼこ、カツオの形をしているのです.

■5月2日到着
銚子電鉄『銚子電鉄のぬれ煎餅(青のうす口味・訳あり品)』『銚子電鉄のぬれ煎餅(緑の甘口味・訳あり品)』『スーパーまずい棒(炭火地鶏味)』『誉のほしいも お買い得用はねだし品』『いわしの佃煮』『いわしそぼろ』

 本来であればゴールデンウィークは銚子電鉄にとっても書き入れ時.なのですが、このような状況では乗客も少なく、「空気を運んでいるかのよう」とか「夕方の時点で今日の売り上げは5,000円を切っています」みたいな話が出てくる危機的な状況.現地に行くことは難しいものの、ならばぬれ煎餅を買って支援せねば、ということでもろもろ購入することに.
 送られてきた荷物を開梱すると、注文した覚えのないぬれ煎餅の赤が.納品書を見るとサービス品」とのこと.いやあの、気持ちは嬉しいけど、これだって売り物になるんだしタダでプレゼントしちゃっていいのかという気分になりました.
 『ぬれ煎餅』は安定の美味しさ.はねだしは味付けにばらつきがあったりしますが、それもまたよし.個人的には青のうす口が好みです.
 『スーパーまずい棒(炭火地鶏味)』は商品がまずいのではなく、経営がまずいにひっかけたもの.炭火地鶏味という奇妙なところを狙ってきたフレーバーにややひるんだものの、これがなかなか美味しいのです.
 『いわしの佃煮』はイワシの水揚げ日本一の銚子らしいもの.ご飯のおかずにいただきました.

100V0236

FUJIFILM X100V

■5月2日到着
AKOMEYA TOKYO『白神あわび茸と比内地鶏』『黒豚チャーシュー魔法の肉かけ』『食べるラー油きのこ』『自由軒 黒ラベルカレー』『レモン塩飴』『鰤と梅干しのカレー』『マトンと山椒のカレー』

 外出を抑えるようにという情勢で、家でご飯を食べるにあたって美味しいおかずがほしいなと思って瓶詰めなどを購入.
 『白神あわび茸と比内地鶏』はちょっと油分多めなのと、「あわび茸と比内地鶏」という組み合わせからは想像できない酸味があって、ちょっと自分には合いませんでした.
 『黒豚チャーシュー魔法の肉かけ』は濃いめの味付けでご飯がすすみます.ご飯にのっけてすぐ食べるより、ご飯の熱で脂がとけて旨味が出てきたところで食べるとたまりません.
 ほかのものは未食ですが、アコメヤはお米と、お米を美味しくいただくおかずにフォーカスしたショップなので、見ているだけで次から次へと食べてみたいものが出てくるので、しばらくはあれこれと買い続けることになりそうです.

100V0245

FUJIFILM X100V

■5月3日到着
川直『鰹ばっかりセット 炙りハラモ入り』『かつおのハラモ燻製』『かつおソフトジャーキー』『特上 一本釣り鰹のなまり節 スライス真空パック3パック』

 焼津さかなセンターに出店する、生利節などを扱う店です.生利節とは鰹節を乾燥させる前のもので、水気が多いこともあって日持ちがしません.そのままだと数日、真空パックしたものでも2ヶ月が限度です.ところがさかなセンターがゴールデンウィークにもかかわらず休業になってしまい、日持ちしないものを扱う店としてピンチだというのをニュースで見かけたので、生利節好きとしてはここは買わない手はないだろうとあれこれ注文.
 『特上 一本釣り鰹のなまり節 スライス真空パック3パック』をスタンダードに醤油でいただきました.袋から出して手でちぎって皿に出した時点でカツオのいい匂いが.そして手の感触で脂がのっているのがわかります.そのままつまみ食いして久々に食べる生利節の美味しさにやられました.小分けで真空パックされているので、ご飯のおかずとしていつでも食卓に出せるのもいいです.そして他にもろもろ買ったものを食べるのもいまから楽しみです.

■5月3日到着(番外編)
六花亭『5月のおやつ屋さん』
 実家に送ったものなので自分は食べていません.まあ六花亭ですしハズレなしですね.
 『通販おやつ屋さん』という、送料込み3,000円というのも期間限定であるのですが、自分が注文したのは送料別のもの.クール便で道外だと1,200円ほど送料がかかるのはやや難点ではありますね.

 連休中(というよりそれ以前から)どこにも出かけられないので、だったら通販で財布の紐を緩めてしまおうという感じでしたが、あれこれ買い込みすぎでしょうか.というか、「みんな自宅にこもっている」=「出費が少ない」=「経済が回っていない」ということですので、言い訳じみてますが微力でもなんとかせねばという側面もあります.いずれにせよ、物流業界のかたには頭が上がりませんね.

2020/04/18

Shure AONIC 215

Category: 物欲,電化製品,音楽 — Annexia @ 13:37

 屋外で使用しているイヤホンはShureのSE425です.これに別売の(後にSE425とセットのものも出ましたが)BT2というBluetoothアダプタを接続してワイアレス環境にしていました.BT2は音質も良く、2台の接続機器を切り替えの必要もなく接続できる(後から再生した方が優先される)マルチペアリングに対応しているなど便利な製品なのですが、左右のイヤホンがケーブルでつながっている構造で、しかもケーブルの中央部にバッテリやBluetoothレシーバなどを収めた大型のユニットがあるのが少々邪魔でした.
 その後、Shureより完全に左右独立構造にした「AONIC 215」という製品が販売されましたので購入しました.

FX703907

FUJIFILM X70

 通販で購入したのですが、「なにか別のもの頼んでたっけ?」と思うほどの大きな箱で到着しました.開けてみると、こんなに大きなパッケージが(隣にあるのはiPhone 8).

FX703910

FUJIFILM X70

 パッケージを開けると、ケース兼充電器とイヤホンが.
 『AONIC 215』という製品名の215はSE215というイヤホンが標準装備としてセットになっているからのようです.SE215が付属しない、Bluetoothレシーバとケースだけの製品も後日発売されるそうですが、価格差が5,000円くらいだったので、この価格差だったらいいかなとセットのものを購入しました(SE215は単体で購入しても1万円以上します).

FX703911

FUJIFILM X70

 ケース兼充電器なので、こうして収めると充電が開始されます.一度の充電で再生できる時間は8時間.このケースで3回のフル充電ができるそうなので、合計32時間分の再生ができることになります.
 他メーカーの左右独立イヤホンのケース兼充電器に比べて巨大なのは俗に『Shure掛け』と呼ばれる、イヤーハンガーとその後ろにバッテリやBluetoothレシーバ、アンプ等を備えたユニットがあることに加え、付属のイヤホン(SE215)を大型のイヤホンに交換した際にもケースに収まるように余裕を持たせた設計になっているためだそうです.
 なお、ノイズキャンセリング機能はありません.Shureのイヤホンはそもそも強力な遮音能力を備えているので必要ないという見解のようです.実際に使ってみても、ここまで遮音されるのならバッテリ持続時間に影響するノイズキャンセリングは必要ないかなという印象です.

100V0205

FUJIFILM X100V

 手持ちのSE425に交換して収納.SE425はバランスドアーマチュアを2基搭載した製品なのでそれほどサイズが大きいわけでもないのすんなり収まります.

100V0209

FUJIFILM X100V

 シルバーの半透明状になっている部分がイヤホンであるSE425、そこにつながっている黒いものがAONIC TW1.MMCXという規格に対応したイヤホンであればShure以外でも装着可能のようですが、メーカーによって微妙に違いがあるようで、公式に対応しているのはShureの製品のみです.
 大きめの丸い部分にバッテリやBluetoothレシーバ、アンプなどが搭載されています.この部分が耳の裏側に来るように引っ掛けて使用します.
 装着した時に表側(外に露出する側)に大きめの物理ボタンがあり、裏側(頭部に接する側)に薄く「L」「R」の表記があります.この物理ボタンを長押しすることで電源オンになるのですが、左右独立型なのでそれぞれ電源を入れなくてはならないのが面倒です.AirPodsのようにケースから出したら自動電源オンになってくれるといいのですが.電源を切る際には片側のみ長押しで連動してオフになります(またはケースに収めてもオフになります).
 電源オンになった状態で1度押しで再生/停止、2度押しで「環境モード」と呼ばれる外の音が取り込まれるモードに、3度押しでSiriが立ち上がります.ボタンは左右それぞれありますが、どちらを押しても同じです.ボリュームの上下や曲送り/戻しは非対応です.

 Shure Plus Playアプリからバッテリの状態や環境モードの入力音の調整、ファームウェアのアップデートなどが可能になっています.音楽再生にも対応しているのですが、ギャップレス再生に対応していなかったり、標準のMusicアプリのプレイリストを読み込めない、アーティスト選択でインデックスが出ないのでアルファベットの後ろのほうのアーティストを選ぶのにひたすらスクロールさせないといけないなど、使い勝手はイマイチなので使用していません.

 2週間ほど使ってみた感想です.
・音質は有線接続にはかなわないものの、かなりいい
・左右それぞれ電源ボタンを長押ししてオンにしなくてはならないのは面倒
・ボリュームや曲送りができないのは面倒
・ケースに収めても接触不良か充電されないことがある(とくに右側)
・ケースがでかすぎなので持ち出すには邪魔
・寝ながら使うと後ろ側の丸い部分が圧迫されてイヤホンがずれる
・完全ワイヤレスはやっぱりいい
・環境音取り込みモードは思いのほか使える
・オマケくらいに思っていたSE215も結構音がいい(自宅で有線接続にして使用中)

 充電がうまくできていないことがあるのが最大の難点でしょうか.右側でのみ発生しているので、先に右側をケースに収納して充電ランプが点灯したのを確認したのちに左側を収納することで充電ミスを防ぐようにしています.
 それまで使用していた左右イヤホンをケーブルで接続するタイプのBT2と比べると音質は同等、操作性はBT2のほうが上(ボリュームや曲送りができる)ですが、ケーブルという煩わしさから解放されるのは大きいですね.