2019/05/19

長野観光

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 22:30

 出張で長野に行ってきました.
 出張の業務自体は1日目に終了し翌日は土曜日で帰るだけでしたので、夕方の新幹線を予約して観光にあてることにしました.

100F2619

FUJIFILM X100F

 長野市内で観光したり鉄道で行ける範囲というのはいくつもバリエーションがありますが、前日の疲れも残っていたので温泉に入ろうと思い、長野電鉄の特急で湯田中温泉に向かいました.車両はJR東日本で成田エクスプレスに使用されていた253系です.
 長野電鉄には各駅停車と特急列車が運行されていますが、距離に関係なく特急料金100円というのは気軽に乗れていいですね.
 余談ですが、長野オリンピックがあった関係で長野市とその周辺は英語をはじめとした他国の言語に対応した案内が多く感じます.

100F2634

FUJIFILM X100F

 終点の湯田中駅に到着.小布施までは乗車したことがあるのですが、ここまできたのは初めてです.

100F2637

FUJIFILM X100F

 現駅舎のすぐ隣に旧駅舎がそのまま残されており、日帰り温泉などに活用されています.
 入浴料300円でタオルも160円で販売されていますので、気軽に入ることができます.

100F2642

FUJIFILM X100F

 温泉から出て、休憩施設で一休みしようかなと思ってふと外を見たら、旧小田急ロマンスカー10000形の特急列車が入線してきました.なので、休憩もそこそこに駅まで戻り、再び乗車することに.

100F2650

FUJIFILM X100F

 展望車が空いていましたので先頭座席に座ることができました.先頭座席とはいえもちろん自由席です.
 乗車した列車は通常の特急列車とは異なり、「特急ゆけむり〜のんびり号〜」と名付けられた列車で、通常の特急よりも速度を落として車掌さんが沿線の観光案内をしてくれるものでした.

100F2652

FUJIFILM X100F

 途中でこんな車両とも行き違いをします.これは旧営団3000系.かつて日比谷線で使用されていた列車です.他に東急8500系も使用されるなど、バリエーション豊かな車両が運行されています.

100F2664

FUJIFILM X100F

 小布施駅で途中下車し、お昼と観光に出かけることに.

100F2688

FUJIFILM X100F

100F2671

FUJIFILM X100F

100F2672

FUJIFILM X100F

100F2678

FUJIFILM X100F

100F2686

FUJIFILM X100F

100F2685

FUJIFILM X100F

 小布施堂本店で昼食を.月替わりの手の込んだ料理に加えて抹茶とお茶菓子をいただきました.
 料理はアスパラと素麺、筍のすり身揚げ、芽なべ、これにじゃこご飯とデザートがつきます.
 抹茶とともに供されるお茶菓子は「栗あじさい」.小さく角切りにした寒天であじさいの形を作り、中に栗餡が入っています.さらにこの時期限定の「青竹水栗羊羹」も追加.栗のシーズンである9月10月はもちろんですが、それ以外の時期でも栗を使ったお菓子などを堪能できます.

100F2690

FUJIFILM X100F

 昼食後はすぐ近くにある「北斎館」に.小布施は晩年の葛飾北斎が訪れて絵を描いた地でもあります.

100F2696

FUJIFILM X100F

 この時は企画展として北斎漫画展が開催されていました.「北斎漫画」といっても一般にいわれている「漫画」ではなくスケッチ集のようなものです.動物や魚などがありましたが、さすがどれも特徴を捉えているなと感じました.
 葛飾北斎は90歳で亡くなるまで絵を描き続け、自らを「画狂老人」と名乗り、亡くなる間際にもあと5年生きることができれば絵を極めることができたのにと言い残したとされるほどの人だったそうです.

100F2701

FUJIFILM X100F

 小布施を出る前に「えんとつ」で「朱雀モンブラン」をいただきました.栗のシーズンになると「朱雀」という和風モンブランのようなお菓子が出て、数量限定ということもあってかなり混雑するようですが、こちらは通年販売されています.美味しいのですが、想像をはるかに超えるボリュームでした.

100F2708

FUJIFILM X100F

 小布施駅に戻ってホームで列車を待っているとこのような光景が.自分がいまどこにいるかわからなくなりそうです.

IMG_7374

Apple iPhone 8

 小布施から戻ったあとで善光寺にも行こうと思っていたのですが、時間が足りずにそのまま新幹線で帰りました.
 小布施は以前にも何度か訪れているのですが、街並みの美しさと食べ物の美味しさ、さらに足を伸ばせば数ヶ所に温泉もあってお気に入りですので、再訪したいものです.

2019/05/03

セイコー プレザージュSARX041

Category: 物欲 — Annexia @ 22:14

FXP25062

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 腕時計を購入しました.セイコーのプレザージュSARX041です.
 同クラスの時計として、以前にSARW011SARB065を購入しているので多少迷ったのですが、
・クラシカルな文字盤が好み
・アラビア数字の文字盤は持っていない
ということもあって、いつかは購入しようと思っていました.
 そうしたところ、先日セイコーのWebを見ていたらリストから消えてしまっていました.どうやら販売終了となったようです.ヨドバシカメラの在庫を見たところ、博多の店舗に1つあるだけ.なのでそれを通販で取り寄せました.

 文字盤のレトロモダンな書体はセイコー初の腕時計「ローレル」に用いられていたものだそうです.「12」だけ赤いのもその時のデザインをそのまま生かしたものだとか.

FXP25065

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 斜めから見ると、文字盤に細かく刻まれた模様の立体感がわかります.
 針が手持ちのSARW011と同じなのがちょっと新鮮味がなくて残念なところです.

FXP25077

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 キャリバーは6R15.正確には「6R15D」とあるので、3度マイナーチェンジを受けたモデルです.手持ちの時計ではSARB065が6R15なのですが、こちらは1つマイナーチェンジ前の6R15Cでした.シリアル自体はSARB065のほうが新しいのでちょっと不思議ではありますが.

100F2589

FUJIFILM X100F

100F2591

FUJIFILM X100F

 バンドはクロコダイル製で焦げ茶色.クロコダイルといっても自分の目にはカーフの型押しとあんまり違いがわかりません.個人的にはクラシックな雰囲気のあるこの時計には焦げ茶色もいいけど黒の方が似合うような気がします.
 尾錠は中留め式.バンドに負担がかからなくていいですね.

100F2596

FUJIFILM X100F

 左からSARW011、SARB065、そして今回購入したSARX041.その時の気分やシャツにあわせて使い分けていこうと思います.

【2019年5月12日追加】

FX703520

FUJIFILM X70

 「黒の方が似合う」などといっていましたが、気が変わって赤のベルトを購入しました.

FX703518

FUJIFILM X70

 半つや消しの落ち着いた色調の赤で、文字盤の「12」の赤と馴染んで気に入っています.

2019/05/02

DODOCASE for iPad mini 5

Category: コンピュータ,物欲,電化製品 — Annexia @ 21:43

 iPad mini 5用のDODOCASEがようやく到着しました.

FX703485

FUJIFILM X70

FX703486

FUJIFILM X70

 右(上)がiPad mini 4用のもので、左(下)が今回購入したiPad mini 5用のもの.iPad mini 4と5はサイズは同じなので、流用はできるのですが(届くまでは実際に使っていました)、カメラやマイクの位置が違うので、そうした機能を使うときには不具合が生じます.
 好みの色が選べるのがDODOCASEのいいところで、iPad Pro 11とiPad mini 4はカバー色を赤系のものにしていたので、今回はブルーグレーにしてみました.また右のmini 4のものはレザーですが、レザーはエッジ部分が裂けてしまいやすいので、今回はファブリックです.
 内装色はmini 4のものはグレーですが、今回は薄めのブルーです.

FX703487

FUJIFILM X70

 いつも注文時に色は迷うのですが、涼しげな感じがしていいですね.

FX703488

FUJIFILM X70

FX703489

FUJIFILM X70

 iPad mini 5からApple PencilおよびLogicoolのCRAYONに対応したので、オプションのペンホルダーも注文してみたのですが、ゴムバンドのホルダーが標準装備されていました.シンプルですがゴムバンドのホルダーのほうが使いやすいですね.

2019/05/01

kindle paperwhite

Category: コンピュータ,書籍,物欲 — Annexia @ 21:22

FX703473

FUJIFILM X70

 kindle paperwhiteを購入しました.
 電子書籍は以前はいろいろなところのサービスを利用していたのですが、サービス終了とともに読めなくなる電子書籍も出てきて、いちばんメジャーなところで買わないとダメだなこれはと思うようになってからはAmazonのKindleのみを利用するようになりました.
 読書端末としてはiPad Pro 11を使用していたのですが、画面が大きく見やすい反面、手で持つにはあまりにも重たいこと、多機能な端末であるあゆえについついネットを見てしまったりTwitterを見たりと、読書するにはいまひとつ集中できませんでした.そのため読書のみの端末が欲しいと思い、kindle paperwhiteが気になっていたところ、先日のセールで3,000円引きになっていたので購入したというわけです.

FX703476

FUJIFILM X70

 購入したのはkindle paperwhite(32GB、広告なし、4Gなし)と純正のファブリックカバー(ブルー).
 前知識として知ってはいましたが、パッケージから取り出した段階ですでに画面に文字が出ているのはちょっとびっくりします.kindle paperwhiteに使用されている画面は液晶ではなくE INKと呼ばれるもので、画面の書き換え時のみ電力を消費するので、バックライトを点灯させなければこのように画面に文字を表示させたままパッケージングしても問題が起きないのです.
 付属品は本体以外は充電用のケーブルと簡易的な説明書のみ.電源アダプタは付属していません、純正オプションとして用意されていますが、一般的なUSBの5V充電可能なアダプタを使うなり、PCのUSBからも充電できるので無駄にコストを上げられるよりは別売にしてくれたほうがいいですね.なんだったらUSBケーブルも別売にしてもっとコストを下げてもらってもいいくらいです.

FX703478

FUJIFILM X70

 純正のファブリックカバーはマグネットを内蔵しており、kindle paperwhiteの電源と連動させることができます.また、折り返してもマグネットが吸着するので読書時も邪魔になりません.個人的には、折り返して吸着させるよりも、カバーを指先ではさんだほうが安定して持てるような感じがしました.
 購入時にギフト用というオプションを設定しなければ、あらかじめユーザ情報が入った状態で納品されると思っていたのですが、ユーザアカウントの設定が必要でした.しかも、何度やってもアカウントが登録されません.どうしたものかと思って検索したところ、同様の問題が起きたかたがいて、2段階認証をかけていると登録に失敗するとのことでした.2段階認証をオフにしてみたところ、すんなりと登録できました.もちろん登録後は再度、2段階認証をかけ直しましたが.


FX703480

FUJIFILM X70

 E INKはカラー表示できないのでモノクロですが、思っていた以上にグレースケールの階調表示が綺麗に出ます.

FX703481

FUJIFILM X70

FX703482

FUJIFILM X70

 肝心の文字表示ですが、綺麗に表示されます.このコントラスト、以前に使っていたTFT液晶のモノクロディスプレイ(Apple PowerBook Duo 250など)を彷彿とさせます.また解像度も300dpiなのでドットも粗がまったく見えません.
 E INKの欠点である、書き換え時のリフレッシュですが、自分は気になりません.

 で、読書の機会が増えたかというと、結構多くなりました.カバーをつけても重さが300gちょっとであること、ジャケットのポケットくらいであれば入るので、鞄にいれたままで出すのが面倒というようなこともなく、ちょっと時間のある時にすっと取り出して読めるのはやはりいいものです.
 リアル書籍を読まずに積み重ねておくことを「積ん読」などと呼んだりしますが、自分の場合はセールのときに買った電子書籍が物理的スペースを圧迫されなことをいいことに相当量ありますので、順次読み進めていきたいと思います.

2019/04/30

小樽旅行(その2)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 16:15

 小樽旅行、つづきです.

100F2499

FUJIFILM X100F

 2日目です.9時くらいにホテルをチェックアウトし、キャリーケースをフロントに預けました.
 そしてホテルのすぐ裏にある、「色内食堂」で朝食を.ここはお昼のお弁当が豪華で有名らしいのですが、朝も充実しています.コーヒーが390円なのですが、それに100円追加でモーニングメニューを頼むことができ、それがこのボリューム.トーストに卵2個くらい使っていそうな卵焼き、ウインナーとベーコン、ポテトサラダ、自家製っぽいピーナツバターなど盛りだくさん.

100F2512

FUJIFILM X100F

 色内食堂から10分も歩かない距離に北海道中央バスのターミナルがあり、そこからおたる水族館行きのバスが出ているので乗り込みます.マスコットキャラがタコなのは珍しいですね.しかもちょうど訪れたときには特集が「蛸展」でした.

100F2513

FUJIFILM X100F

 昔はあんまり見なかったような気もしますが、最近は水族館でも「食」をからめた展示が多くなっているような気がします.たとえばアクアマリンふくしまでは大水槽の前に寿司店のカウンターがあったりもしますし.
 ここでも食べて美味しい魚たちを特集して展示していました.

100F2516

FUJIFILM X100F

 もちろん北海道にしか生息していない希少な生物の展示もあります.これは「オショロコマ」.イワナに近い生物だそうですが北海道にしか生息していません.

100F2522

FUJIFILM X100F

 おたる水族館には、メインの建物とは別に海沿いに「海獣公園」というコーナーがあります.ペンギンやトドのショーが行われるというので行ってみました.

100F2532

FUJIFILM X100F

 まずはフンボルトペンギンのショー.ショー、といっていいものかわからないほどのフリーダムぶりです.
 写真ではこの飛び込み台からプールに飛び込むところを見せたかったのですが、餌欲しさにじっと飼育員をみていて飛び込みませんでした.

100F2540

FUJIFILM X100F

そのあとで開催されたのがトドのショー.間近で見ると巨大です.しかも動きが俊敏.奥のほうにある小屋からやってきてプールに飛び込んだかと思いきやすぐ目の前のコンクリートの台の上に飛び乗ってきます.ペンギンと違ってトドは見事なショーでした.

100F2556

FUJIFILM X100F

 再びバスに乗って小樽の市街地まで戻ってきたところで時刻は昼過ぎに.下車したターミナルに「ぱんじゅう」が売られていたので食べてみることに.
 「ぱんじゅう」とは、自分も初めてその存在を知ったのですが、Wikipediaによると今川焼き(大判焼き)から派生した食べ物で、小樽のほかでは伊勢や足利でも食べられているのだとか.
 好きな3つと飲み物のセットがあったので、こしあん、クリーム、抹茶を注文.少し大きめの一口サイズで、供される前に表面を再度焼いてもらえたので表面はカリカリ、中はふわっとして美味しかったです.

100F2561

FUJIFILM X100F

 お昼は「洋食屋マンジャーレ」でカレーを.洋食店が好きというのもあって、旅先で洋食店に入ることが多いです.その日のランチのチキンソテーと迷ったのですが、少し離れたところでカレーを食べているのが妙に美味しそうに見えたのでカレーを選択.煮込んだ野菜の旨味とじわっとくる辛さのバランスがよかったです.

100F2567

FUJIFILM X100F

 お土産のたぐいを買ってなかったなと思い、運河から少し離れた、土産物店やお菓子などの店の立ち並ぶエリアに.
 小樽の駅前に土産物店が少ないのは鉄道でくる観光客がそれほど多くないからというのもあるのでしょうけど、主たる観光地である運河からも少し離れているのも不思議な気もします.景観地区と土産物店を分離したいという意向なのでしょうか、それとも単に観光バスの駐車場が近いからという理由なのでしょうか.
 小樽を代表する土産物というかお菓子を作っているところといえば、ルタオがあります.実際には他の地区の会社が運営しているだとか作っているのは小樽じゃなくて千歳だとかいわれてはいますが、「小樽」を前面に出して、しっかりとしたブランドを構築したそのスタイルには見るものがあります.
 いくつかあるルタオの店舗に併設された喫茶店で看板である「ドゥーブルフロマージュ」をいただきました.お土産用のものは鮮度維持などを考慮して冷凍してありますが、店舗で食べるのは「生ドゥーブルフロマージュ」としてちょっと違うようです.たしかに美味しいですねこれ.評判がいいのもわかります.一緒にアールグレイティを注文したのですが、ポットに入れてたっぷりと供されるのもよかったです.
 ということで、キャリーケースの空きスペースを考慮しつつルタオでお土産を購入し、ホテルでキャリーケースをピックアップして、ロビーでパッキングして小樽をあとにしました.

100F2575

FUJIFILM X100F

 小樽からは新千歳空港まで快速で.行きは指定席が取れませんでしたが、帰りは指定席でゆったりできました.北海道内を走る列車なのに、JR東日本の「えきねっと」で予約できるんですよね.知りませんでした.
 夕飯は新千歳空港でラーメンをいただきました.

IMG_7320

Apple iPhone 8

100F2577

FUJIFILM X100F

 帰りはこれまた利用したことのないAIR DOを選んでみました.AIR DOはANAとコードシェアをしているので選ぶことができるのです.AIR DOの機体はボーイング737と767がありますが、767はBluetoothなど無線を利用した機材は使用不可とのことでワイアレスイヤホンが使えないので737で.

 1泊2日で北海道、しかも小樽だけというのももったいないような気もしますが、こうしてお値打ちな価格で旅行できるのであれば、滞在先を絞って何度も訪れるような旅行もいいなと思いました.