2021/09/08

BROMPTON イージーホイール

Category: 自転車 — Annexia @ 11:15

 自分のブロンプトン S2Lには通常の車輪のほかに折りたたんで移動する時に使う3個の車輪がついています.
 このうちの2個をオプション品の回転抵抗の少ないベアリング入りのイージーホイールに交換しました.

100V1014

FUJIFILM X100V

 これが交換前の標準のホイールです.
 左右一対になっていて、片方はまあまあ転がるのですが、もう片方が渋いのです.調整してもらおうと自転車店に持ち込んだところ、回ったり回らなかったりするのは個体差で調整も難しいとのことでした.
 自分は通勤にブロンプトンを使う場合には、ビル1Fのエレベータフロアで折りたたんでエレベータに乗せ、廊下を転がして運んで自分の机の横に置いています.短い距離とはいえうまく転がらずに床に引っかかってしまったりして倒してしまいそうになったこともあるので、ここは早急に解決したいところでした.

100V1011

FUJIFILM X100V

100V1015

FUJIFILM X100V

 国内の正規代理店に注文をし、3日ほどで到着.
 イージーホイール以外にいくつかパーツが入っていますが、リアキャリア交換用と兼用なので、ネジやナット、ワッシャの一部は使用しません.右上の黒い円形のものはシートポスト下部に取り付ける滑り止めキャップだそうですが、すでに同じものが取り付けられていましたのでこちらも使いませんでした.

100V1017

FUJIFILM X100V

 説明書はすべて英語.
 イージーホイール付属のネジは径があわないため使用せず、いままで使用していたネジをそのまま使用しました(筒状パーツは外します).ワッシャを4枚重ねて使用するってなんか強引な使い方のように見えます.ワッシャというよりはスペーサーとして使っている感じでしょうか.

100V1021

FUJIFILM X100V

 交換完了.動かしてみましたが、スルスルと動いてストレスがないですね.これは交換必須のパーツだと思いました.というか最初からこれをつけておいてくれればいいのに.
 今回は純正パーツを使用しましたが、サードパーティからもデザインアクセントになりそうなものなど多種多様のものが出ていますので、そこはお好みで.

2021/08/23

BROMPTONに時計を(その2)

Category: 自転車 — Annexia @ 22:07

 「BROMPTONに時計を(その1)」のつづきです.

100V0961

FUJIFILM X100V

 注文していた、時計ホルダーが到着しました.

100V0962

FUJIFILM X100V

 内容物はこんな感じ.
 左のレザーのものが時計に取り付けるバンド、右上がハンドルバーに巻きつけるバンド(滑り止め付き)、その下の四角い小さなパーツが時計の下に取り付けるクッション、そして落下防止の紐が2本.

100V0963

FUJIFILM X100V

 レザーバンドがしっかりとした作りということもあって厚みがあり、時計に取り付けるのに難儀します.
 NATOベルトのように時計とピンの間をすっと通せるものかと思いきや、いったんピンを外してベルトを挟み込み、再度ピンをセットする必要がありました.ただこれは、バンドが動いてしまうと振動で落下してしまうことも考えられるので、安心感とのトレードオフでもあるようにも感じられます.

IMG_8828

Apple iPhone SE2

 取り付けてみました.ハンドルバーに巻きつけている滑り止め付きのバンドががっちり固定できており、そのバンドとレザーバンドもかなりの面積でベルクロで固定されているので落下防止の紐は使用していません.数キロ走った感じではびくともしない感じなので問題なさそうですがここはオウンリスクですね.
 ハンドル周りにはスマホなどをあれこれ取り付けるのは避けてシンプルにするつもりなのですが、これくらいなら許容かなと思います.
 KickstarterBeeline Velo2を支援しており、来年2月に届く予定なので、届いたら置き換えもしくは追加で使用するかを考えたいと思います.

2021/07/29

BROMPTONに時計を(その1)

Category: 自転車 — Annexia @ 21:18

 鞄メーカーのバンナイズから送られてきたメールマガジンで腕時計をハンドルバーに取り付ける時計ホルダーが紹介されており、これいいじゃんということで注文してみました.

 腕時計も用意しないとなのですが、自転車に取り付けるものなのである程度のラフな使われ方が想像されます.また、取り付けたままで盗難にあうリスクも考えられます.振動に強い腕時計だとG-SHOCKに代表されるようなデジタル時計なのですが、自分はアナログ表示のほうが好みなので、
・クオーツ
・シンプルで見やすい表示
・盗まれてもダメージの少ない安価なもの
という条件で、TIMEXウィークエンダーを購入しました.Amazon価格で5千円ちょっとくらいでした.

100V0918

FUJIFILM X100V

 シンプルな箱に収まっていました.驚いたのが、箱の裏面から時計を固定しているプラスティックのスタンド、そしてそのプラスティックのスタンドと腕時計本体がタイラップ(結束バンド)で固定されていたこと.以前に買ったTIMEXの時計はもうちょっと高価格だったせいか(それでも1万円くらいだったような)、クッション状の保護剤が使われていましたが、まさかのタイラップとは.

100V0931

FUJIFILM X100V

 裏面に刻印が入っていますが、位置が右にずれています.あと、この写真ではすでに剥がしてしまいましたが、生産国のシール(ムーブメントはフィリピン製、バンドは中国製)が貼られており、剥がしても糊がべったり残ってしまったのでシンナー系のクリーナーで除去しました.

100V0941

FUJIFILM X100V

 ナイロンベルトはペラペラというかヘロヘロですね.今回は使わないので別にいいのですが、腕時計として使うのであれば、適当なNATOベルトなどに交換していたことでしょう.

100V0937

FUJIFILM X100V

 わずかにマゼンタの入ったクリーム色の文字盤、見やすいアラビア数字と、日付など余計な要素がないシンプルさも好みです.TIMEX製品の多くに搭載されているであろう、INDIGLO(竜頭を押すと文字盤全体が背面から照らされる機能)もしっかり搭載されています.
 あと、TIMEXのアナログ時計でよく指摘される秒針の音が大きい件、やはり音はしますね.映画館とかにはつけていかない方がいいかも、と個人的には思っています.

 ハンドルレバーに取り付けるのが楽しみ…… ではあるのですが、ホルダーのほうが生産が追いついていないようで8月末になるとのことでした.しばしの我慢です.

2021/06/04

BROMPTON S2Lにサドルバッグ装着、サドルとグリップ交換

Category: 物欲,自転車 — Annexia @ 19:56

FX704156

FUJIFILM X70

 ブロンプトンのサドルに革のバッグ(サドルバッグ)をつけたらおしゃれと実用を兼ねていい感じじゃないかと思い、トルコからEtsyを使ってお取り寄せをしました.

FX704157

FUJIFILM X70

 Etsyでは世界中の手作り品(なかにはただの市販品のようなものを売っているのもありますが)が売られているので、寝る前などに眺めているのですが、この円柱型のサドルバッグはデザイン的にもサイズ的にも理想的な一品でした.なんていうか、セントバーナードが首からぶら下げているブランデーの入った小さな樽のようなイメージ.もっとも、中に入れるのはブランデーではなく鍵と工具などですが.
 ちなみに購入時のお値段は$59+送料$10なので、価格的にも満足のいくものです.

FX704158

FUJIFILM X70

 サドルの取り付け穴に革ベルトを通して固定する仕組みになっているのですが、ブロンプトン純正のサドルでは取り付け穴の左右の間隔が狭くて取り付けできませんでした.
 Etsyのサンプル写真ではブルックスのサドルに取り付けられており、自分もいずれブルックスのサドルに交換しようと思っていたので、どうせだったらとこのタイミングで交換してしまうことにしました.
 自転車店に行き初回の点検をしてもらいつつサドルとグリップを購入し、交換作業をしてもらいました.

100V0874

FUJIFILM X100V

 ブルックスのレザーは主に、ブラックと、濃いめの茶色、明るめの茶色の3色があります.
 自転車本体を購入するときから、この車体色には明るめのレザーが似合いそうだと思っていたので、サドルとグリップを明るめのレザー色である「ハニー」で交換してもらいました.

100V0880

FUJIFILM X100V

 グリップはブルックスSLENDER LEATHER GRIPS.手への負担を考えるとGP1 LEATHER GRIPSのほうがよさそうだったのですが、同じハニーでもサドルと色がややあっていない(GP1 LEATHER GRIPSのほうが色がやや暗め)のと、外見上はあまり力の入った感じにしたくないという思いもあって、通常のバーグリップを選びました.

100V0881

FUJIFILM X100V

 サドルは同じくブルックスのSWIFT CHROMESWALLOW B15 CHROMEと迷いましたが、銅製の手打ちの鋲や、側面のアマツバメのイラスト入りの「BROOKS SWIFT」のロゴに惹かれてこちらを選びました.
 購入時にアドバイスを頂いたのですが、下部のレールの形状がSWALLOWよりも折りたたんだときにサドルを持ちやすいそうです.店頭で触り比べてみたら、シートレールのまっすぐな部分がSWIFTの方が長いのですね.

100V0882

FUJIFILM X100V

 サドルバッグも取り付け.この見た目はかなり理想的です.
 実用性を考えたら雨などの水気に弱いレザーよりも合成素材などでできたサドルやサドルバッグを選ぶべきなのですが、ここは趣味的要素を優先させました.

100V0879

FUJIFILM X100V

 パーツの交換、というかどうかはわかりませんが、「BROMPTON」のロゴステッカーを標準のブラックからシルバーに交換してもらいました.全体的にブラックよりもシルバーのパーツでまとめたいというのもあるのですが、クラウドブルーの車体色にはシルバーのほうが似合う気がしていたので.
 見込みどおり、やはりシルバーのほうが似合う印象を受けました.

100V0877

FUJIFILM X100V

 購入時から手を入れたいと思いつつ、予算的な問題もあっていったん見送っていたサドルやグリップのパーツ交換が実現してかなり嬉しいです.
 見た目の部分についてはこれで満足かなという気がします.あと手を入れるとしたらマッドフラップ(泥除け)が黒のビニールで味気ないのでこちらもレザーに交換するくらいでしょうか.ただ、フロントは簡単に交換できるものの、リアはかなり大変なようなので持ち込みでお願いすることなるのでいずれ機会を見て、という感じで考えています.

 次に検討したいのが駆動系というかメカ的なパーツ.ブロンプトンは実用系寄りの自転車なのでもう少しスポーツ系に寄せたパーツに交換したいと考えています.具体的にはBBやホイールハブ、ペダルなど、回転系パーツのフリクションロスを軽減したパーツに交換したいですね.
 メカ的なパーツはこだわると際限がなくなりそうなので、費用対効果も含めて経験のある店員さんと相談しつつ進めていこうかなと考えています.いかにも「いじってます」という感じではなく、見た目ノーマルな感じで仕上げたいですね.

2021/05/19

ULAC TRON-XD

Category: 物欲,自転車 — Annexia @ 22:41

 ブロンプトンを買うにあたって鍵(ABUS BORDO LITE MINI 6055/60)を購入しましたが、実際に使ってみると施錠解錠に鍵を毎回使うのが思っていた以上に面倒です.
1. 鍵(本体)を鞄から取り出す
2. 鍵を解錠する
3. 鍵をかける
4. 用事が済んで鍵を解錠する
5. 鍵をしまう
という流れがちょこっとした用事(パン屋でパンを買うときなど)に結構煩わしく感じるようになりました.対策として2.をスキップするために解錠したまま鍵を持ち歩いているのですがそれでも面倒です.
 なので、ダイヤル式の鍵を買おうと思っていくつか調べていたのですが、なかなか手ごろなものがありません.カジュアルな窃盗犯対策と割り切って安価な鍵を買えば良いのですが、安価なダイヤル錠ってロック桁数が3桁だったり、数値を自分で変更できないなど割り切るにしてもちょっと厳しいものがあるのです.

 あれこれ調べているうちに、ダイヤル式でなく指紋認証でロック解除できる鍵があるというのをしりました.
 ああ、いいじゃんこれ、ヨドバシに在庫もあるし、でも在庫僅少だし、ポイント使えば出費も抑えられるし…… と、寝る前のぼんやりとした頭でポチッとしてしまいました.

100V0865

FUJIFILM X100V

 購入したのはULACTRON-XDという鍵です.注文から約12時間後に到着.相変わらずヨドバシは配送が早いです.荷物を受け取った時の印象は「なんか重たくない?」というものでした.

100V0866

FUJIFILM X100V

 指紋認証を使うのに充電するために電源アダプタでも入っているんだろうとかと思って開梱してみたところ付属していたのは鍵本体と短いUSBケーブル、そして非常用のアナログな鍵2個のみ.重さ566gとのことで自転車用の「ちゃんとした」鍵としてはこれでも軽量なほうなのですが、塊感というかずっしりとした感触があります.
 いわゆる「U字ロック」と呼ばれるもので、自転車用の鍵としてはかなり防御性の高いものです.シャックル(鍵をかける部分)は太さ14mmのアルミ棒を囲むように分厚いシリコンで覆われています.
 カジュアルな鍵を買うつもりでいたのに、最初に買ったBORDOよりも防御性高いですねこれ.

100V0868

FUJIFILM X100V

 自転車用の鍵なので防水構造とするために指紋認証センサー部分にはシャッターがついています.

100V0870

FUJIFILM X100V

 この四角い部分が指紋認証のセンサーです.初期セットアップとしてマニュアルを読みつつ左右の人差し指と親指の指紋を登録しました.全部で20本まで登録できるそうなので、複数人数での使用も考慮しているようです.登録して使ってみるとiPhoneに比べて認証精度が落ちるかなという印象でした.また指が濡れていると認証精度がかなり落ちますね.
 指紋認証で解錠するということはつまりバッテリを使うということでもあります.センサー横にmicroUSB端子があり、充電の必要があります.フル充電すると2,200回の開閉ができるそうです.バッテリが切れた場合にはその場で充電するか予備の物理鍵を使って解錠することになります.物理鍵ですが、分厚いシリコンの防水蓋の奥にあるので、蓋を外すのが非常に面倒です.バッテリ切れしないようこまめに充電しつつ使いたいところです.

 いいものを買った感と、鞄への収納性とかの面でちょっと厳しいかなという感もあって、当初買おうと思っていたものは果たしてこれでよかったものかとやや悩んではいます.

【追記】
 鞄への収納とかに悩んでいたのですが、ちょうどいい場所を見つけました.

IMG_8734

Apple iPhone SE2

 シートポストを通して、折りたたんだときに移動用として使うホイールの間に挟み込むようにするといい感じで固定されます.

IMG_8733

Apple iPhone SE2

 ただし、荒れた路面だとガタガタと音がするのがやや気になります.下面のテールライトと干渉しているのでしょうか.振動で指紋認証システムとかがダメになりそうな怖さもちょっとあるので、少し工夫した方がいいのかもしれません.