2018/12/30

2018年を振り返る – 物欲篇

 今年1年の振り返り、最後は物欲篇です.
 カメラ関連とコンピュータ(ほぼApple製品)関連に集約されますね.

4月:焦点工房 マウントアダプタ ヘリコイドつき
4月:CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM
4月:iPhone 8 Product RED
5月:Oculus Go
6月:RICOH THETA SC
9月:Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM
11月:iPad Pro 11 + Apple Pencil
11月:nexum AQUA+
11月:CarlZeiss C Biogon T* 4,5/21 ZM

■カメラ関連
4月:焦点工房 マウントアダプタ ヘリコイドつき

FX702885

 富士フイルムXマウントのカメラでライカMマウントレンズを使用する際に、レンズ全体を最大6mmまで繰り出すことのできるアダプタです.それまでも富士フイルム純正のMマウントアダプタは持っていたのですが、レンジファインダ用レンズの弱点である「寄れない」という問題のため、レンズはVoigtlanderの25mm F4しか持っておらず、このアダプタ購入により一気に今年はMマウントレンズの購入がはかどりました.

4月:CarlZeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM

FX703016

 以前から欲しかったツァイスのMマウントレンズです.値段もさることながら、最大0.7mまでしか寄れないのがネックで購入を躊躇していたのですが、上記のヘリコイド付きアダプタの購入により、最短撮影距離が大幅に短縮されるようになったので購入に踏み切りました.
 X-Pro2で使用するとAPS-Cセンサーのため焦点距離が52.5mmとなってしまい、個人的にはやや苦手な焦点域になってしまうこと、そしてテーブルフォトには引きが取れずにやや不利なレンズではあるのですが、金属の光沢感のあるシルバーのコンパクトなレンズという、見た目の格好よさに惹かれて購入したものです.画質的にもまったく不満がなく、気に入っているのですが稼働回数はやや少なめです.もっと使いこなしたいのですが.

6月:RICOH THETA SC

FX703095

 今年購入した、唯一の「カメラ」といえる部類の製品.かなり変わり種ではありますが.
 レリーズボタンを押すだけで、360度周囲すべてを撮影することができます.もちろん撮影者も同時に被写体となるわけで、手に持って撮影すると手が強調された写真が撮れてしまうので、このように自撮り棒と小型三脚の三点セットで購入しました.iPhoneからリモート撮影できますので、写らないように隠れて撮影したり、自撮り棒を高く掲げて違和感のない撮影をすることができます.
 面白い使い方がいろいろできそうなのですが、まだその面白さをつかみあぐねているところでもあります.

9月:Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM

100F1798

 Mマウントレンズ増強計画の第2弾として購入したのが、このVoigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VMなる長い名前のレンズ.20年近く前にこのレンズの初代モデルをBESSA-Lとともに使用していたのでいささかの懐かしさもありますが、フィルムとデジタル、35mmとAPS-Cフォーマットという違いに加えて初代と2代目ではデザインもサイズも違うので、昔を思い出すようなこともないですね.
 APS-CフォーマットであるX-Pro2での画角は22.5mm.かろうじて超広角という領域ですが、パースのつきかたは強烈で癖が強いレンズではあります.

11月:CarlZeiss C Biogon T* 4,5/21 ZM

FXP23769

 Mマウントレンズ増強計画の第3弾として購入した、C Biogon T* 4,5/21 ZM.外見は2,8/35とそっくりです.
 当初はVoigtlanderのCOLOR-SKOPAR 21mm F4P VMを買おうと思っており注文までしたのですが、納期にかなり時間がかかり、その途中で程度のいい中古(このレンズはすでに販売終了しているので新品はないです)が出たのでこちらを選んだというわけです.
 F4.5と暗めのレンズで、撮った画質も絞り開放だと四隅が滲んだような描写になるなどスペック的には目立つところはないのですが、コンパクトなサイズとAPS-C換算で31.5mmと自分として最も好みの焦点域となるのでこれからの出動回数が多くなりそうなレンズではあります.

■コンピュータ関連
4月:iPhone 8 Product RED

FX703058

 iPhone SEからの機種変更です.機種変更の決め手はやはりこの色.iPhone 7でも PRODUCT REDはありましたが、赤の色味が好みではなく画面の縁が白だったこともあって見送ったのですが、8は赤の色味といい縁がブラックアウトされていることといい、自分の好みでした.
 悩ましいのは外装色が気に入っているのでケースに入れたりすることができないことでしょうか.

5月:Oculus Go

FX703079

 気軽にVRを体験できる製品としてリリースされたOculus Go.VRとしての用途だけでなく、大画面でNETFLIXなどの動画配信も見られるとのことで、飽きても活用方法があるなと思って入手しました.
 フル充電していても放電が激しいのか、いざ使おうとしてもバッテリ切れなんてことが多々あるのが難点です.
 もうひとつ難点としては、ヘッドセットを頭に装着する手間が面倒ということでしょうか.

11月:iPad Pro 11 + Apple Pencil

FX703281

 iPad mini 4が処理速度的にもたつきを感じるようになり、仕事ですぐ資料を見たい場合などに待つことが多くなったので、miniシリーズの新型も出なさそうだし…… ということで初のiPad Proを購入しました.
 ストレスフリーで動くのはさすがです.Apple Pencilについても、いままで他で触ってきたタッチペンは一体何だったのかと思えるほどに快適に使えます.ただ、サイズや性能と引き換えというのはわかるのですが重さには慣れないですね.それから持ち運ぶのにカバンを選ぶのも悩ましいところです.
 そうした経緯もあって、従来のiPad mini 4は下取りなどには出さずに、IIJmioと契約して持ち運びできる状態にしました.

11月:nexum AQUA+

FX703245

 iPad Proがイヤホンジャックを廃止したことに伴って購入した、Bluetoothレシーバ.Bluetoothイヤホンはすでに持ってはいますが、手持ちの気に入っているヘッドホンやイヤホンを使えるようにしたいということで購入しました.
 すでに持っていたBluetoothレシーバと比べても格段の音質の差があります.さらにそれに加えて32bit 384kbpsへのアップコンバート機能を備えており、さらに音質を高めることができます.充電はQiを採用しています.
 消費電力が高いうえにアップコンバート時はさらに電力を使うので持続時間が短いのが難点です.

 去年書いたように、主力たるX-Pro2やX100Fの新型はリリースされなかったので、カメラの購入はTHETA SCのみでした.その代わりにレンズの購入が多かったですね.Mマウントレンズについてはこれで15/21/25/35mmが揃ったので、X-Pro2で使用したときに22.5/31.5/37.5/52.5mmと必要十分なレンジを揃えることができました.
 来年は春にGR IIIの発売が発表されています.手持ち機種として焦点域が同じX70もあるので迷うところですが、長いことGRシリーズを使い続けてきた身としては気になるモデルではあります.またいままでのリリース間隔からしてX100Fの後継機も出るのでしょうか.X100Fに関しては満足して使っていますので、新型でどのような変化をつけてくるか興味深いところです.X-Proシリーズはスパンが長めの機種なので、新型が出ることはないと思われます.
 レンズに関しては絞りリングもないことから使用頻度の低いXマウントの27mmを18mmに買い換えようかと考えています.それから18-55mmを新しく出る16-80mmにしたいなとも思いますが、ズームレンズはそもそも頼まれごとがあるときくらいしか使わないので優先順位は低めですね.
 コンピュータ関連はiPhoneもiPadも買い替えてしまったので来年は大型の出費はないかもしれません.
 自動車関連は買い替えはないでしょうけど、ロードスターにApple CarPlayを接続できるキットが海外でリリースされたそうなので、日本で導入されたらすぐにでも取り付けてもらおうかと考えています.

2018/12/24

Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

Category: カメラ・写真,物欲 — Annexia @ 21:38

 しばらく前ですが、VoigtlanderのSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIを購入しました.
 すでにIII型が出ていますので、中古での購入です.
 SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asphericalは20年近く前にI型をBESSA-Lとともに購入して使っており、懐かしさを感じるレンズです.I型とII型は光学系は共通で、I型はライカLマウント、II型はMマウント対応という違いがあります.ただしこのレンズ、設計された時代的に仕方のないところですが、フィルムでの使用を前提とした光学設計なので、デジタルカメラ、とくに35mmフルフレームのカメラでは周辺部に予期しない色が出るといった問題が発生します.
 III型はそれを解決した設計になっているのですが、結果として大きく高価になってしまいました.自分の場合はAPS-C機であるX-Pro2で使用しますので、III型ではなくコンパクトで安価なII型を選んだというわけです.

100F1798

FUJIFILM X100F

 フード一体型の設計で、角ばった花型をしているのが特徴的な外観です.I型とII型は光学系は同じと上で書きましたが、外観はII型になってやや大きくなり、そして洗練された印象を受けます.

FXP23562

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II
(ナンバー部分のみPhotoshopで加工)

 X-Pro2での焦点距離は22.5mmですが、35mmサイズで15mmというレンズだけあって強烈なパースがつきます.そのパースを生かした撮影をしないと、ただの歪んだ写真を量産してしまいそうで使うのに苦労しそうなレンズではあります.

FXP23544

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 EXIFに絞り値は記録されないのでうろ覚えではありますが、F8くらいまで絞って撮っていると思うのですがそれでも周辺減光はかなりあります.X-Pro2では周辺でも画質の低下や色の変化といった不具合は見られません.また絞り値による画質の変化もそれほど感じられないので光量の足りないときなどは絞り開放でいってもよさそうです.

FXP23564

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II

 レンジファインダー用レンズらしく、超広角であっても歪曲収差はまったく気にならず、建物を撮っても直線がしっかりと出て気持ちいいです.ただし、水平などには要注意ですが.

FXP23840

 最短撮影距離は0.5mですが、ヘリコイド内蔵のマウントアダプタを使用することでテーブルフォトでも困りません.とはいえ、強烈なパースがあるので使いどころが難しいですが.F4.5とそれほど明るくないレンズなのでピント合わせにはやや苦労するので、カメラ側のフォーカスアシストが重宝します.

2018/12/09

CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

Category: カメラ・写真,物欲 — Annexia @ 23:24

FX703248

FUJIFILM X70

 CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZMを購入しました.すでに販売終了の製品なので、中古での購入です.
 以前からMマウントの焦点距離21mmのレンズを購入したいと思っていました.というのも、35mm換算で28-35mm程度の焦点距離が好みなのですが、自分の場合はAPS-CフォーマットのX-Pro2で使うので18-23mm程度の焦点距離のレンズを選ぶ必要があります.このレンジで一般的に普及しているのは21mmレンズです.
 21mmレンズで、手の届く範囲で買えそうなものというと、
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4 P
CarlZeiss Biogon 2,8/21 ZM
・CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM
の3つがあります.このうち、現行製品なのはCOLOR-SKOPAR 21mm F4とBiogon 2,8/21.サイズがコンパクトなのはCOLOR-SKOPAR 21mm F4とC Biogon 4,5/21.値段的に比較的安価なのはCOLOR-SKOPAR 21mm F4で、他の2つはその倍くらいします.なので、条件を満たしているのはCOLOR-SKOPAR 21mm F4となります.とはいえ、性能はさておきとして見た目の好みはC Biogon 4,5/21のシルバーが魅力です.以前にC Biogon 2,8/35を購入しましたが、このレンズと同様にコンパクトかつ精密感があります.とはいえ、中古でしか購入できません.しかもそれほど売れなかったのか、中古品を扱うカメラ店のWebをこまめにチェックしていてもなかなか出物はありません.
 なので、一度は諦めてCOLOR-SKOPAR 21mm F4を注文しました.ところが納期に時間がかかり、待っている間にC Biogon 4,5/21のシルバーの程度の良いものが中古で出ているのを知ったので、COLOR-SKOPAR 21mm F4の注文をキャンセルして、こちらを購入したというわけです.

FXP23769

FUJIFILM X-Pro2 + Voigtlander COLOR-SKOPAR 25mm F4P

 同じCarlZeissのレンズ、C Biogon 2,8/35 ZMと並べてみると、外見もサイズも似ています.フィルタ径は21mmが46mmであるのに対し、35mmは43mmです.
 ちなみに両者についている「C」の意味は、製造元のコシナによると「※レンズ名称に付けられた“C”は、往年のコンタックスレンジファインダーカメラ用にラインナップされていた評価の高いクラシックレン ズを、Zeiss Ikonカメラに装着可能なZMマウントとして新たに設計したシリーズを意味します。」とあるのですが、カールツァイスのサイトには「その名の「C」は、1:2,8というそのスピードにもかかわらず驚くほどコンパクトな構造という優れた特性に由来します。」(2,8/35の説明ページ)とあり、クラシックとコンパクトの両方の意味がありそうです.

FXP23731

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 試し撮りも兼ねて豪徳寺に紅葉を撮りに出かけてきました.
 まず最初に感じたのは、画角がすんなり馴染むこと.今回のレンズ選定は好みの画角ということを主眼に選んだので、その点は狙いどおりであります.

FXP23740

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 最短撮影距離は50cm.なので最大に寄った場合でこのくらい.ただしこれはMマウントアダプタにヘリコイドを内蔵したアダプタを使うことでさらに寄れるようになります.

FXP23746

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 直射日光が入るとフレアやゴーストが出ますが、個人的にはそれほど気にはなりません.

FXP23713

FXP23713-2

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 絞りF4.5開放で撮影したものと右上を切り出したもの.像の流れや、色収差を感じます.

FXP23712

FXP23712-2

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 F8まで絞ったもの.像の流れや色収差は気にならなくなりました.

FXP23678

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 夜景.開放値F4.5であるうえに点光源を撮りたいときはちょっと絞りたいので条件的には厳しいですね.周辺部の描写は諦めて、うまく中心部に主題を持ってくるような感じで撮影するような工夫が必要かもしれません.
 たしかF5.6で撮影したと思われますが、このくらいであれば自分は不満ありません.

FXP23706

FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss C Biogon 4,5/21 ZM

 ヘリコイド内蔵Mマウントアダプタを活用してのテーブルフォト.描写にさしたる不満はないのですが、F4.5という開放値もあってか、ピント位置がつかみづらいです.慣れもあるのでしょうけど、最初はピントのずれた写真を撮りがちでした.

IMG_6794

Apple iPhone 8

 性能的には最新設計のレンズにはかないませんが、コンパクトかつ軽量で、見た目も自分の好みですので、長く使えそうなレンズです.
 フードは21/25mm兼用の角型のものを購入しましたが、APS-Cフォーマットで使用することを考慮すると、25/28mm用の丸型フードを選んでもよかったかもしれません.

2018/12/01

Apple Pencil (第2世代)

Category: コンピュータ,物欲 — Annexia @ 23:05

FX703274

FUJIFILM X70

 Apple Pencil(第2世代)を購入しました.

FX703275

FUJIFILM X70

 初代のApple Pencilと比べて、表面の仕上げがマットになって落ち着いた仕上がりになっているのがいいですね.初代と同様に円形ですが、部分的にまっすぐに切り落とされて充電用の接触面となっています.個人的には六角形になっていて、どの面でも充電できるようになっていたらなおいいのにと思いますが、充電機能や磁石での吸着などでの設計が大変そうです.
 本体色は白のみですが、できれば黒や、PRODUCT REDなんかもあったらいいですね.

FX703279

FUJIFILM X70

 初代のApple Pencilで個人的に好きではなかったのがペンの重心.かなり後ろよりになっていて、使うたびに違和感がありました.
 第2世代では、ほぼ中心に重心が来るようになっています.理想はもっとペン先に寄っているほうが書きやすいので、さらなる改良を期待します.

FX703281

FUJIFILM X70

 先日購入した、DODOcaseに装着したままのiPad Pro 11でも問題なくリンクおよび充電ができました.DODOcaseのゴムバンドの存在意義についてはやや疑問ではありましたが、装着してみるとその重要性と絶妙な装着感に、ああこれは必要なものなのだなと思いました.

 肝心の使い勝手ですが、ペンの追従性などまったく不満がありません.メインで使用しているアプリは「Goodnotes 4」です.一からのメモ書きはもちろん、PDFや画像を取り込んで書き込みをするといった用途にもスムースに対応できますし、別売ですがmacOS用アプリもありますので、そちらをインストールしてiCloud Drive経由で同期して同じ書類を加工するなんてことも可能です.
 スリープ状態でFace ID認証後に画面をApple Pencilでタップすることで純正のメモアプリが起動するのも便利です.欲をいえば、ここで起動するアプリを自由に選ばせてくれるとさらにいいのですが.

2018/11/26

DODOcase for iPad Pro 11

Category: コンピュータ,物欲 — Annexia @ 23:51

 先日購入したiPad Pro 11用にDODOcaseを購入しました.
 じつはiPad本体よりも先に注文を入れていたのですが、DODOcase社(?)もiPadを購入してから設計に入るとのことで、納品が遅れていたのです.

FX703261

FUJIFILM X70

FX703267

FUJIFILM X70

 外装色と内装色、それにゴムバンドの色を自由に選択できるのがDODOcaseのいいところ.
 今回は落ち着いた赤というかエンジ系の布製外装にグリーンの内装色、赤のゴムバンドにしました.外装色を見て、幼児のころに読んでいた図鑑の表紙がこんな色合いだったなということを思い出しました.

 DODOcaseのiPadをカバーに固定する方法ですが、初代から3代目iPadのあたりまでは竹製のフレームに四隅にゴムを張ってその摩擦で固定するという、非常に手の込んだものでした.しかしこの方法では竹の強度を確保するためにサイズが大きくなり、しかもゴムが徐々に劣化していき剥がれてしまうという欠点もありました.その次には強力な両面テープで貼り付ける方法や、四隅を柔らかなプラスティック素材で固定するといった方法がとられてきました.
 今回のものは四隅+スピーカーやApple Pencilのマグネットを邪魔しない位置に固定用の爪をつける方法を取っています.精度もしっかり出ており、簡単に取り付け可能ながら、逆に取り外すのは困難です.

FX703268

FUJIFILM X70

 裏面にはカメラ用の穴が.筋が入っているように見えるのは、ここでカバーが折れ曲り、スタンドの役目を果たす設計になっているためです.iPadを固定するプラスティックの一部に摩擦力のあるテープが貼られており、好きな角度で固定することができます.

FX703266

FUJIFILM X70

 初代iPad用カバーから変わらぬドードーのイラスト入りシール…… といいたいところですが、iPad mini 4用に買ったものは「MADE in SAN FRANCISCO」だったのに対して、今回のは「MADE in USA」となっています.発送元がテキサス州からだったので製造場所が変わったのでしょうか.

FX703269

FUJIFILM X70

 布張りのハードカバー的な素材なので重くはないだろうと思っていたのですが、iPad本体とあわせて800g近くあります.iPad Pro 11インチの重量は468gなので、約330gほどあることになります.蓋の開閉に応じてスリープのオンオフに対応するよう、マグネットが仕込まれているのですが、そうしたパーツが重さに影響しているのでしょうか.

FX703270

FUJIFILM X70

 Apple Pencil充電/リンク部分に用意されているゴムバンド.たぶんApple Pencilを固定するためのものだと思われます(いまだにApple Pencilが手元にきていないので確認できず).

 厚紙と布でできた地味なカバーではありますが、タブレット端末を買うごとに毎回購入するほど、お気に入りの製品です.ハイテクな雰囲気を感じさせない見た目がいいですね.それでいて、蓋の開閉に応じてスリープが連動したり、Apple Pencil充電やリンクに対応していたり、スピーカーやマイクの穴をしっかり避けて固定するような仕組みになっていたりと、きちんと作り込まれているのが好感を持てます.