2019/10/20

セイコー アルピニスト SARB017

Category: 物欲 — Annexia @ 15:42

FXP26188

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 腕時計を1本購入しました.セイコーのアルピニストSARB017です.
 「by Seiko watch design」「セイコー史上、最も謎めく緑の時計。」というコンテンツを読んで気になっていた製品です.
 5月にプレザージュSARX041を購入するときにも迷っていた1本なのですが、2018年にはカタログ落ちしており、5月の段階では在庫もなかったこともあって、そのときは同じくカタログ落ちして在庫も尽きかけていたSARX041を購入しました.
 その後、どういうわけかAmazonで在庫が何度か復活するようになったのですが、どのみち新品在庫が入荷しなくなるのは時間の問題だろうということで購入に踏み切ったという次第です.購入価格は4万円.国産の機械式時計ということを考えると自分には安価に感じられます.

FX703744

FUJIFILM X70

 SARB065との比較.文字盤が小さく、デザインも相まってクラシカルに見えます.

FX703746

FUJIFILM X70

 初期状態のバンドは焦げ茶色のクロコダイル型押しのカーフ.硬くて腕のカーブにフィットしないなど、あまり評判のよくないバンドで、個人的にもクロコダイルの型押しがやや安っぽく感じられたこともあって交換することにしました.なのでこのベルトは1回も使っていません.

FXP26192

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 少し明るめの、型押しのないカーフのベルトに交換しました.
 また、尾錠は一般的な穴通しするタイプのものでベルトが傷みやすいので、ベルト幅の狭いバンドを使っている都合で余らせていたSARB065のDバックルを流用しています.
 グリーンの文字盤にゴールドの配色という、あまり見かけない、自分でもなかなか選ばないタイプの色合いですが、光に反射したグリーンが美しく気に入っています.
 ちょっと残念なのは、先代のアルピニストまでは文字盤にデザイン文字で「Alpinist」と入っていたのですが、それがなくなってしまったこと.
 あともう一つ、とても細かなところなのですが、キャリバー6R15は6振動なので1秒を6分割して針が進むのに対して文字盤の刻みが5分割になっていること.手持ちの他のセイコーの機械式時計はすべて振動数にあわせて刻みが設計されているので、なぜこのようなデザインにしたのか、ちょっと疑問が残ります.

FXP26218

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 裏面はシースルーバックにはなっておらず、中央部分にアルピニストのロゴが刻印されています.
 セイコーの腕時計は6桁の製造番号のうち、1文字目が製造年、2文字目が製造月を意味しています.この場合は「96」で2006年に販売開始されたので、2009年または2019年の6月製造ということになります.2018年の段階でカタログ落ちしていることを考えると2009年の製造でしょうか.Amazonの在庫がときおり復活しているのは、どこかから販売店の在庫を引き上げてきて売っているのではないかという説がありますが(直近のレビューでいかにも他人が触ったあととおぼしき製品が送られてきたとか、保護フィルムがなかったとかが多く、実際に自分のものもフィルムの類はなかったです)、10年ほどデッドストックされていた製品なのかもしれません.ちなみに日差+5秒ほどでかなり正確なのでデッドストックの影響はなさそうです.

FXP26243

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 「アルピニスト」の名が示すように、通常よりもハードな環境に耐えられるように20気圧防水になっています.そのため竜頭はねじ込み式です.また、もう一つダイヤルがついていますが、これは簡易方位磁石機能のためのものです.まあたぶん使うことはないでしょう.

2019/07/07

コロナ 除湿機 CD-S6319

Category: 物欲,電化製品 — Annexia @ 21:14

FX703558

FUJIFILM X70

 コロナの除湿機CD-S6319を購入しました.

 除湿機には「デシカント式」と「コンプレッサ式」の2つの方式があります.
 デシカント式は乾燥剤を用いた方式で、乾燥剤から水分を取るのにヒーターを使用するために熱風が出てきて室温がかなり上昇します.温度に左右されづらいので、冬場でも除湿能力は高いです.
 コンプレッサ式はエアコンに似た方式で空気を冷却して水分を取り出す方式です.室温はやや上昇しますがデシカント式ほどではありません.冷却して水分を取り出すので、冬場に結露対策として用いるのには不向きとされています.

 除湿機はすでに1台パナソニックの製品を持っているのですが、これはデシカント式です.冬場の結露対策も重要視していたのと、室温が上昇するといってもそれほどではないだろうとたかをくくってこちらの方式を選んだのですが、夏場に熱風が吹き出すものを室内で稼働させるのはなかなか辛いものがあります.エアコンを同時に稼働させればいいのですが、なんていうかあんまり賢いやり方には思えませんし.
 そこで、やはりコンプレッサ式のものを買おうということでこの製品を購入しました.置き場所の問題もあるので、それまで使っていたデシカント式のものは粗大ゴミとして出そうかと思っていたのですが、コンプレッサ式除湿機の冬場の結露対策の性能がどれくらいのものか読めない状況でもありますのでいったん残すことにしました.

FX703561

FUJIFILM X70

 機能的には除湿と衣類乾燥に分けられますが、自分が使うのは除湿のほうですね.梅雨の時期は室内干しもしますが、室内を除湿していれば自ずと室内干ししているものも乾燥しますので、まあそれでいいかなと.
 外が雨の時期は基本的に自動モードで運転しっぱなしです.ちなみにタイマーをセットしていなくても24時間なにも操作しなければ自動で電源オフになるそうです.ただしその前に3Lの水タンクが満水になって停止するとは思いますが.
 動作音はそれなりにしますが、音楽とかをかけていれば気にならないレベルです.
 音よりも気になったのが振動でしょうか.床を伝って微振動のようなものを感じたので防振ジェルを下に敷くことで対処しました.ところが、そうすると今度は排気口(フィルタが付いているので取り外しできるようになっている)がカタカタと共振し出したので、隙間にティッシュを挟んで対応しました.
 肝心の除湿性能ですが文句なしです.室温の上昇についてもデシカント式に比べたらはるかに控えめです.
 ちなみにエアコンのドライ機能というのもありますが、あれも「弱冷房除湿」と「再熱除湿」と2つの方式があるそうです(メーカーと価格帯によって搭載している方式が異なる).

2019/05/03

セイコー プレザージュSARX041

Category: 物欲 — Annexia @ 22:14

FXP25062

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 腕時計を購入しました.セイコーのプレザージュSARX041です.
 同クラスの時計として、以前にSARW011SARB065を購入しているので多少迷ったのですが、
・クラシカルな文字盤が好み
・アラビア数字の文字盤は持っていない
ということもあって、いつかは購入しようと思っていました.
 そうしたところ、先日セイコーのWebを見ていたらリストから消えてしまっていました.どうやら販売終了となったようです.ヨドバシカメラの在庫を見たところ、博多の店舗に1つあるだけ.なのでそれを通販で取り寄せました.

 文字盤のレトロモダンな書体はセイコー初の腕時計「ローレル」に用いられていたものだそうです.「12」だけ赤いのもその時のデザインをそのまま生かしたものだとか.

FXP25065

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 斜めから見ると、文字盤に細かく刻まれた模様の立体感がわかります.
 針が手持ちのSARW011と同じなのがちょっと新鮮味がなくて残念なところです.

FXP25077

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mm F2.4 R Macro

 キャリバーは6R15.正確には「6R15D」とあるので、3度マイナーチェンジを受けたモデルです.手持ちの時計ではSARB065が6R15なのですが、こちらは1つマイナーチェンジ前の6R15Cでした.シリアル自体はSARB065のほうが新しいのでちょっと不思議ではありますが.

100F2589

FUJIFILM X100F

100F2591

FUJIFILM X100F

 バンドはクロコダイル製で焦げ茶色.クロコダイルといっても自分の目にはカーフの型押しとあんまり違いがわかりません.個人的にはクラシックな雰囲気のあるこの時計には焦げ茶色もいいけど黒の方が似合うような気がします.
 尾錠は中留め式.バンドに負担がかからなくていいですね.

100F2596

FUJIFILM X100F

 左からSARW011、SARB065、そして今回購入したSARX041.その時の気分やシャツにあわせて使い分けていこうと思います.

【2019年5月12日追加】

FX703520

FUJIFILM X70

 「黒の方が似合う」などといっていましたが、気が変わって赤のベルトを購入しました.

FX703518

FUJIFILM X70

 半つや消しの落ち着いた色調の赤で、文字盤の「12」の赤と馴染んで気に入っています.

2019/05/02

DODOCASE for iPad mini 5

Category: コンピュータ,物欲,電化製品 — Annexia @ 21:43

 iPad mini 5用のDODOCASEがようやく到着しました.

FX703485

FUJIFILM X70

FX703486

FUJIFILM X70

 右(上)がiPad mini 4用のもので、左(下)が今回購入したiPad mini 5用のもの.iPad mini 4と5はサイズは同じなので、流用はできるのですが(届くまでは実際に使っていました)、カメラやマイクの位置が違うので、そうした機能を使うときには不具合が生じます.
 好みの色が選べるのがDODOCASEのいいところで、iPad Pro 11とiPad mini 4はカバー色を赤系のものにしていたので、今回はブルーグレーにしてみました.また右のmini 4のものはレザーですが、レザーはエッジ部分が裂けてしまいやすいので、今回はファブリックです.
 内装色はmini 4のものはグレーですが、今回は薄めのブルーです.

FX703487

FUJIFILM X70

 いつも注文時に色は迷うのですが、涼しげな感じがしていいですね.

FX703488

FUJIFILM X70

FX703489

FUJIFILM X70

 iPad mini 5からApple PencilおよびLogicoolのCRAYONに対応したので、オプションのペンホルダーも注文してみたのですが、ゴムバンドのホルダーが標準装備されていました.シンプルですがゴムバンドのホルダーのほうが使いやすいですね.

2019/05/01

kindle paperwhite

Category: コンピュータ,書籍,物欲 — Annexia @ 21:22

FX703473

FUJIFILM X70

 kindle paperwhiteを購入しました.
 電子書籍は以前はいろいろなところのサービスを利用していたのですが、サービス終了とともに読めなくなる電子書籍も出てきて、いちばんメジャーなところで買わないとダメだなこれはと思うようになってからはAmazonのKindleのみを利用するようになりました.
 読書端末としてはiPad Pro 11を使用していたのですが、画面が大きく見やすい反面、手で持つにはあまりにも重たいこと、多機能な端末であるあゆえについついネットを見てしまったりTwitterを見たりと、読書するにはいまひとつ集中できませんでした.そのため読書のみの端末が欲しいと思い、kindle paperwhiteが気になっていたところ、先日のセールで3,000円引きになっていたので購入したというわけです.

FX703476

FUJIFILM X70

 購入したのはkindle paperwhite(32GB、広告なし、4Gなし)と純正のファブリックカバー(ブルー).
 前知識として知ってはいましたが、パッケージから取り出した段階ですでに画面に文字が出ているのはちょっとびっくりします.kindle paperwhiteに使用されている画面は液晶ではなくE INKと呼ばれるもので、画面の書き換え時のみ電力を消費するので、バックライトを点灯させなければこのように画面に文字を表示させたままパッケージングしても問題が起きないのです.
 付属品は本体以外は充電用のケーブルと簡易的な説明書のみ.電源アダプタは付属していません、純正オプションとして用意されていますが、一般的なUSBの5V充電可能なアダプタを使うなり、PCのUSBからも充電できるので無駄にコストを上げられるよりは別売にしてくれたほうがいいですね.なんだったらUSBケーブルも別売にしてもっとコストを下げてもらってもいいくらいです.

FX703478

FUJIFILM X70

 純正のファブリックカバーはマグネットを内蔵しており、kindle paperwhiteの電源と連動させることができます.また、折り返してもマグネットが吸着するので読書時も邪魔になりません.個人的には、折り返して吸着させるよりも、カバーを指先ではさんだほうが安定して持てるような感じがしました.
 購入時にギフト用というオプションを設定しなければ、あらかじめユーザ情報が入った状態で納品されると思っていたのですが、ユーザアカウントの設定が必要でした.しかも、何度やってもアカウントが登録されません.どうしたものかと思って検索したところ、同様の問題が起きたかたがいて、2段階認証をかけていると登録に失敗するとのことでした.2段階認証をオフにしてみたところ、すんなりと登録できました.もちろん登録後は再度、2段階認証をかけ直しましたが.


FX703480

FUJIFILM X70

 E INKはカラー表示できないのでモノクロですが、思っていた以上にグレースケールの階調表示が綺麗に出ます.

FX703481

FUJIFILM X70

FX703482

FUJIFILM X70

 肝心の文字表示ですが、綺麗に表示されます.このコントラスト、以前に使っていたTFT液晶のモノクロディスプレイ(Apple PowerBook Duo 250など)を彷彿とさせます.また解像度も300dpiなのでドットも粗がまったく見えません.
 E INKの欠点である、書き換え時のリフレッシュですが、自分は気になりません.

 で、読書の機会が増えたかというと、結構多くなりました.カバーをつけても重さが300gちょっとであること、ジャケットのポケットくらいであれば入るので、鞄にいれたままで出すのが面倒というようなこともなく、ちょっと時間のある時にすっと取り出して読めるのはやはりいいものです.
 リアル書籍を読まずに積み重ねておくことを「積ん読」などと呼んだりしますが、自分の場合はセールのときに買った電子書籍が物理的スペースを圧迫されなことをいいことに相当量ありますので、順次読み進めていきたいと思います.

【2019.07.03補足】
 通勤のお供として快適に使っていたのですが、バッテリ残量がいきなりゼロになるというような問題が発生し、サポートに問い合わせてリセットをしたりしたのですが直らず、結局新品交換となりました.
 2台目のKindle Paperwhiteは極めて快調で、往復の通勤時に使用してちょうど1ヶ月経ったところでバッテリ残量が10%を切ってバッテリ警告が出ました.これくらいもってくれると読書用端末として十分信頼が置ける感じです.