2019/12/27

2019年を振り返る – 音楽や映画など篇

Category: 映画,音楽 — Annexia @ 21:13

 今年1年を振り返る、恒例の記事.
 音楽や映画などについて.

■音楽
 ここ数年の傾向として新しいアーティストの曲を聴こうという意欲が減退しつつあり、歳をとるってこういうことなのかなというのを痛感しています.
 今年購入したアルバムでよかったのは、The Chemical Brothersの「No Geography」ですね.以前に比べて作品発表のペースは落ちてきているとはいえ、毎回期待を裏切らないアルバムをリリースし続けているのはさすがです.

■映画
 今年観に行った映画は、
 『アリータ:バトル・エンジェル』
 『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話
 『時計じかけのオレンジ』
 『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』
 『NO SMOKING』
 『銀河鉄道の夜』

 これに加えて、『ガールズ&パンツァー 最終章』第1話&第2話の4D版も観に行ってきました.

 11月に3週続けて映画館に行っていたので今年は多めに映画を観たつもりになっていましたが、たいして行ってないですね.ものすごくよかった、というものはなかった感じでしょうか.本来であればこれに加えて年末に『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観に行くつもりだったのですが、行きそびれてしまったので年明けに行くことにします.

 『アリータ:バトル・エンジェル』は『銃夢』が原作ですが、原作とは内容がアレンジされており、なおかつ話の途中で終わっています.いかにも続編ができそうな終わり方ではあったのですが、いまのところ続編が作られるというニュースはないようです.

 『時計仕掛けのオレンジ』は1971年の作品です.スタンリー・キューブリック監督の作品を映画館で見る機会は没後20年を迎えた現在としてはそれほどないかと思うのですが、昨年の『2001年宇宙の旅』に引き続き見ることができたのはラッキーでした.キューブリックの作品はジャンルは多岐にわたりますが人間の精神的なものをえぐるような内容が多くて、観たあとで色々と考えさせられます.

 『NO SMOKING』は細野晴臣の音楽活動50周年を記念して作られたドキュメンタリー.テクノやアンビエントなど、その時々に応じて様々な楽曲を発表し続けてきた細野さんの生き方に少しだけ触れることができるような気がしました.

2019/11/10

『銀河鉄道の夜』

Category: 映画 — Annexia @ 21:57

IMG_7870

Apple iPhone 8

 立川シネマシティで『銀河鉄道の夜』を観てきました.
 1985年の作品なので、34年前ですね.サウンドトラックを細野晴臣が手がけているので、先週観た『NO SMOKING』の上映にあわせて復活上映されたというわけです.3日間各1回ずつの上映だったのですが、3回とも早々に予約で埋まってしまうほどの人気でした.

 いまどき珍しい、フィルムでの上映でした.フィルムならではの映像ノイズやパチパチとした音が時代を感じさせます.

 本来は人間が登場する話を、この作品ではその大部分を猫に置き換えて作られています.Wikipediaの記述を見ても、否定的な見解もあったそうですが、銀河鉄道の夜の世界観を映像化して登場するキャラクタを馴染ませるにはなるほど、猫のほうが馴染むのかもと映像を見て思いました.
 映像表現に古さを感じさせるところもあるのですが(おそらくは製作された1985年当時は最先端の表現とされたようなものがむしろ古くなっているような気もします)、作品の持つ世界観は色あせていない感じがしました.

100F2800

FUJIFILM X100F

 夜の上映でしたが、夕飯にシネマカフェでピザを.
 ナポレターナとビスマルクをハーフ&ハーフで.

2019/11/03

『NO SMOKING』

Category: 映画 — Annexia @ 23:59


IMG_7854

Apple iPhone 8

 細野晴臣デビュー50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』を観に立川シネマシティに行ってきました.

 デビュー50周年記念とはいえ、デビュー後からではなく生まれたときや幼少時の環境などから始まっており、細野さんがいかにこのようなスタイルで音楽活動を続けてきたかがわかる内容となっています.
 細野さんといっしょに音楽活動をしてきた様々な人が登場したり、当時のライブ映像などもあってファンとしてはたまらないです.
 ゆるやかなテーマはあるものの、あんまり枠にはめた形で構成されていなくゆったりと半生を追うようなスタイルで映像が進んでいくのですが、細野晴臣という一人のアーチストが辿ってきた歴史によってストーリーが形成されており、見応えがありました.

 この手の実写を交えた実在人物のドキュメンタリーというものは、往々にして本人が亡くなってから作られることが多く、見終えた後もなんだかちょっとしんみりしたりするものですが、本人は「もうおじいちゃんだし」とか「そんなにレコーディングできないし」というようなことを言っていますが、音楽活動やラジオ番組もこなしており、まだまだこれからの活動も楽しみです.

100F2789

FUJIFILM X100F

 いつものようにシネマシティでランチをいただいてきました.この日はトンナータ.ツナとアンチョビの魚系の旨味が効いています.

2019/10/27

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』

Category: 映画 — Annexia @ 22:31


100F2774

FUJIFILM X100F

 映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』を立川シネマシティに観に行ってきました(以下、ネタバレを含みます).

 ナチスドイツの捕虜収容所にいるソ連兵がナチスのソ連侵攻の練習台としてT-34を与えられてパンター中戦車と軍事演習を行うことに.軍事演習とはいえ、パンターは実弾あり、T-34は実弾なしで実質的な処刑行為的なものであったものの、与えられたT-34/85には砲弾6発が隠されており、それを使って収容所を突破して逃走する…… というのが主なストーリーです.
 収容所の話になる前に、主人公である士官学校を出たてのイヴシュキンが食料輸送トラックで戦車砲をかわし、そして村に立てこもってライバルであるイェーガーと戦うところから始まるのですが、最初から戦闘シーン山盛りです.戦車による実戦については自分は詳しくないので細かなことはいえませんが、「ガールズ&パンツァー」の試合の模様を思わせる絶妙な砲弾運びというか、そのようなものを感じました.もっとも、ガルパンも過去の戦争映画などを参考にしている部分もあるようなので、映画における戦車戦というのはこのようなものが多いのかもしれませんが.

 ストーリー上仕方ないとはいえ、ナチスドイツが要所要所で詰めが甘い部分があったりとか、ライバルであるナチス司令官のイェーガーが冷酷ながらも「いい人」であったりと、いささか御都合主義的な部分は否めませんが、内容の濃い観ていて楽しい映画でした.戦車好きであればオススメです.

100F2767

FUJIFILM X100F

 シネマシティ シネマ2といえばやはり1Fのシネマカフェ.ということで今回はクワトロフォルマッジに蜂蜜トッピングをいただいてきました.チーズの塩味と蜂蜜の甘さ、体に悪そうと思いつつもたまに食べたくなるんですよねこれ.

2019/10/19

『時計じかけのオレンジ』

Category: 映画 — Annexia @ 23:59

IMG_7775

Apple iPhone 8

 『時計じかけのオレンジ』を立川シネマシティに観に行ってきました.スタンリー・キューブリック監督による1971年の作品なので、50年近く昔の作品です.
 昨年は同監督の1968年公開の『2001年宇宙の旅』を国立映画アーカイブで70mmフィルム版を、ユナイテッドシネマとしまえんでIMAX版を観ることができ、どちらも映画館でなかなか観られないものなのでラッキーでした.

 「午前十時の映画祭」という企画の一環で上映されたので朝10時からの上映となったわけですが、内容的にはR18+という最高レベルのレーティングになっているように、午前中から観るような作品ではないですね.暴力、性、洗脳、そして政治的ないざこざとこの世の俗物的な要素をまとめて突っ込んだような作品で、50年近い作品であるにも関わらず現状でも通用する内容です.万人にお勧めはしづらい作品ではあるのですが、でももっと多くの人に観てもらいたい、そんな作品です.