2019/11/17

無印良品 デジタル電波時計(大容量アラーム機能付)

Category: 電化製品 — Annexia @ 13:28

 無印良品のデジタル電波時計を購入しました.
 個人的にはデジタルよりアナログの時計のほうが好みで、しかも時間に余裕を持たせるためにやや早めの時刻にあえて時間をずらした状態で使っているのですが、腕時計の時刻合わせなど、正確な時間を知りたいときもありますので、できるだけ小型の電波時計を購入することにしました.
 セイコーやカシオなどの製品も調べたのですが、六曜などの余計な機能や、曜日表示が漢字であったり、必要でない機能や表示があったりしたので無印良品のこの時計に行き着きました.ちなみに製造元はリズム時計工業ですので、時計メーカーの製品として信頼性があります.

100F2811

FUJIFILM X100F

 表示されるのは、時刻、日付、曜日(英語表記)、気温、湿度です.12/24時間表示の変更や、時刻と日付の表示入れ替えも可能です.
 右上には電波の受信状況が表示されます.自分の環境では問題なくすぐ受信しました.

100F2813

FUJIFILM X100F

 文字色を変更できたり反転するような機能はなく、スタンダードな液晶です.斜めから見ると液晶の影が見えて二重に見えます.机の上に置いて上から見下ろすような使い方を想定しているのか、やや斜めになっています.

100F2826

FUJIFILM X100F

 上面の「SNOOZE/LIGHT」ボタンを押すと3秒ほどオレンジ色のバックライトが点灯します.ただ、視認性は高いので薄暗いようなところでも時刻を読み取れます.

100F2815

FUJIFILM X100F

100F2816

FUJIFILM X100F

 背面には表示切替や時刻手動設定用の+/-スイッチとアラームのON/OFFスイッチがあります.
 カバーを開けると、電池(単三電池2本)と設定用のボタン類があります.電池寿命は約1年.
 アラームの音量を調節できるのはちょっと珍しいような気もします.説明書によると最大で100dBなので、周囲への配慮が必要な音量といえるかもしれません.
 ボディカラーは自分が買った黒のほかに白があります.黒も漆黒というよりも墨色的な感じですね.視認性が高いわりには目立たず馴染む感じですのでかなり気に入っています.

2019/11/11

GBC シュレッダA22M

Category: 電化製品 — Annexia @ 00:00

100F2807

FUJIFILM X100F

 今まで使っていたシュレッダが使用から13年ほど経過し、本来であればクロスカットされるはずが細長くカットされるだけになってしまったり、シュレッダの刃の部分にあるプラスティックパーツが割れてしまったりするなどしてそろそろ寿命かなという感じだったので新たなシュレッダを購入しました.

 いままでの製品はコクヨのKPS-DT10XAで、投入口がA5サイズまで対応だったので、次はA4がそのまま入るものが欲しいと思い、GBCのA22Mを選びました.

100F2810

FUJIFILM X100F

 カット後のサイズは2mm x 10mmと、いままで使っていたコクヨの製品と同等です.
 A4縦で入れられるので幅はコクヨのものよりありますが、それもあってか裁断済みボックスの容量も大きくなっています.連続稼働時間は5分.コクヨのは10分くらい連続動作できたかと思いますが、GBCのは実際に5分で停止するのか、もう少し長く使えるのかは現状ではまだわかりません.

100F2808

FUJIFILM X100F

 自宅で使う上で気になるのが動作音.コクヨのものに比べて動作速度が速いのはいいのですが、動作音もやや大きめです.夜間は控えたほうがよさそうです.ただ、A4の紙を折りたたんだり先に縦にちぎって投入していたものがそのまま入れられるのは楽でいいですね.

2019/07/07

コロナ 除湿機 CD-S6319

Category: 物欲,電化製品 — Annexia @ 21:14

FX703558

FUJIFILM X70

 コロナの除湿機CD-S6319を購入しました.

 除湿機には「デシカント式」と「コンプレッサ式」の2つの方式があります.
 デシカント式は乾燥剤を用いた方式で、乾燥剤から水分を取るのにヒーターを使用するために熱風が出てきて室温がかなり上昇します.温度に左右されづらいので、冬場でも除湿能力は高いです.
 コンプレッサ式はエアコンに似た方式で空気を冷却して水分を取り出す方式です.室温はやや上昇しますがデシカント式ほどではありません.冷却して水分を取り出すので、冬場に結露対策として用いるのには不向きとされています.

 除湿機はすでに1台パナソニックの製品を持っているのですが、これはデシカント式です.冬場の結露対策も重要視していたのと、室温が上昇するといってもそれほどではないだろうとたかをくくってこちらの方式を選んだのですが、夏場に熱風が吹き出すものを室内で稼働させるのはなかなか辛いものがあります.エアコンを同時に稼働させればいいのですが、なんていうかあんまり賢いやり方には思えませんし.
 そこで、やはりコンプレッサ式のものを買おうということでこの製品を購入しました.置き場所の問題もあるので、それまで使っていたデシカント式のものは粗大ゴミとして出そうかと思っていたのですが、コンプレッサ式除湿機の冬場の結露対策の性能がどれくらいのものか読めない状況でもありますのでいったん残すことにしました.

FX703561

FUJIFILM X70

 機能的には除湿と衣類乾燥に分けられますが、自分が使うのは除湿のほうですね.梅雨の時期は室内干しもしますが、室内を除湿していれば自ずと室内干ししているものも乾燥しますので、まあそれでいいかなと.
 外が雨の時期は基本的に自動モードで運転しっぱなしです.ちなみにタイマーをセットしていなくても24時間なにも操作しなければ自動で電源オフになるそうです.ただしその前に3Lの水タンクが満水になって停止するとは思いますが.
 動作音はそれなりにしますが、音楽とかをかけていれば気にならないレベルです.
 音よりも気になったのが振動でしょうか.床を伝って微振動のようなものを感じたので防振ジェルを下に敷くことで対処しました.ところが、そうすると今度は排気口(フィルタが付いているので取り外しできるようになっている)がカタカタと共振し出したので、隙間にティッシュを挟んで対応しました.
 肝心の除湿性能ですが文句なしです.室温の上昇についてもデシカント式に比べたらはるかに控えめです.
 ちなみにエアコンのドライ機能というのもありますが、あれも「弱冷房除湿」と「再熱除湿」と2つの方式があるそうです(メーカーと価格帯によって搭載している方式が異なる).

2019/05/02

DODOCASE for iPad mini 5

Category: コンピュータ,物欲,電化製品 — Annexia @ 21:43

 iPad mini 5用のDODOCASEがようやく到着しました.

FX703485

FUJIFILM X70

FX703486

FUJIFILM X70

 右(上)がiPad mini 4用のもので、左(下)が今回購入したiPad mini 5用のもの.iPad mini 4と5はサイズは同じなので、流用はできるのですが(届くまでは実際に使っていました)、カメラやマイクの位置が違うので、そうした機能を使うときには不具合が生じます.
 好みの色が選べるのがDODOCASEのいいところで、iPad Pro 11とiPad mini 4はカバー色を赤系のものにしていたので、今回はブルーグレーにしてみました.また右のmini 4のものはレザーですが、レザーはエッジ部分が裂けてしまいやすいので、今回はファブリックです.
 内装色はmini 4のものはグレーですが、今回は薄めのブルーです.

FX703487

FUJIFILM X70

 いつも注文時に色は迷うのですが、涼しげな感じがしていいですね.

FX703488

FUJIFILM X70

FX703489

FUJIFILM X70

 iPad mini 5からApple PencilおよびLogicoolのCRAYONに対応したので、オプションのペンホルダーも注文してみたのですが、ゴムバンドのホルダーが標準装備されていました.シンプルですがゴムバンドのホルダーのほうが使いやすいですね.

2019/03/30

Apple AirPods

Category: コンピュータ,物欲,電化製品,音楽 — Annexia @ 21:32

FX703437

FUJIFILM X70

 先日の社員旅行で行われた余興の景品としてAirPodsをいただきました.

FX703438

FUJIFILM X70

 しかも、「新型が出次第プレゼント」とのことで、第2世代のワイヤレス充電対応ケースのものをいただきました.

FX703441

FUJIFILM X70

 個人的には利便性よりも音質を重視するタイプなので、初代のAirPodsが出たときも検討すらしませんでした.今回のようにプレゼントされない限りは第2世代も手を出していなかったことでしょう.

 音質は可もなく不可もなく.手持ちの他のイヤホン(SHURE SE425やSONY MDR-EX800ST)とは比べるまでもありません.それ以上に難があるのは遮音性.いただいた帰りに地下鉄で使おうとして、すぐに使うのを諦めたほどです.

 そうした点を踏まえても十分魅力たり得るのが使い勝手のよさ.ケースから出すと自動的に電源が入り、iOS端末とコネクトされ、そしてイヤホンを外すと自動的に一時停止になるという一連の操作性は洗練されています.また、Bluetooth接続、とくに左右分離型のイヤホンには避けられないとされる音の途切れや片側しか音が出ないなどの問題は今のところ経験していません.
 また、ケースにしまうことで自動的に充電されるだけでなく、ワイアレス充電パッドにケースを置くだけでケース内のバッテリも充電される点も便利です.

 もう少し音質が良ければ、遮音性が高ければ、音漏れ対策がされていれば…… と思いつつも利便性の高さによって使用機会高めです.