2017/04/12

うどんと金比羅さん(その4)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 21:58

100F0621

FUJIFILM X100F

 5軒目.今日も朝からうどんです.
 「こだわり麺や」という地元チェーンのうどん店なのですが、営業時間が6時半から15時までというのが、地元密着って感じがします.チェーン店で規模重視で営業するのなら夜まで営業しても良さそうなものなのですが.


100F0626

FUJIFILM X100F

 入り口のステッカー.香川県ではうどんからWi-Fi電波も飛ばすようです.


100F0622

FUJIFILM X100F

 スケジュール的にもこれが香川県での最後の食事になるので、最後らしくシンプルに「しょうゆうどん」を.そして付け合わせにちくわといいだこの天ぷらを.
 昨日から5食続けてうどんばかり食べているのに飽きないのが怖いです.というか、「なにを食べるか」ではなく、腹具合に応じて「どのうどんを食べるか(なにを付け合わせにするか)」という発想になっているのです.


100F0630

FUJIFILM X100F

 ホテルを出て宇多津から坂出に、そして岡山行きの快速に.
 この日は霧が出ており、瀬戸大橋線もこんな車窓でした.幻想的というか、なにも見えないというか.


100F0632

FUJIFILM X100F

 本州側に渡った一つ目の児島駅で下車しました.
 最初に目につくのがこの自販機.ジーンズ柄です.そういえば児島ってジーンズが有名だったような…… ということを思い出しましたが、その後さらにすごいものを目にします.


100F0633

FUJIFILM X100F

100F0634

FUJIFILM X100F

100F0635

FUJIFILM X100F

 駅のそこかしこがジーンズ柄で埋め尽くされています.さらに3月に公開された映画「ひるね姫」が倉敷(児島は倉敷市)を舞台にしていることもあって、そのポスターなどもあり、なにやら圧倒されます.

 児島で降りたのは知り合いのお店ができたので挨拶も兼ねてお邪魔しに行ったわけなのですが、バスに乗ったら運転手さんもジーンズを履いており、車窓に見える作業をしている方もジーンズを履いていたりと、やはりここはジーンズの街なのだなと思い知らされました.


100F0644

FUJIFILM X100F

 再び児島から電車に乗り、岡山で吉備線に乗り換え.吉備線は「桃太郎線」という愛称が付けられており、列車の到着時や車内アナウンスに童謡「桃太郎」の曲をアレンジしたものが流れます.そして車両も桃太郎のラッピングが.


100F0647

FUJIFILM X100F

 ……と思いきや、側面はこんなアニメ絵の桃太郎と鬼が.まさかこの展開でくるとは思いませんでした.


100F0655

FUJIFILM X100F

 吉備津駅で下車し、吉備津神社に向かいます.
 岡山でどこか観光しようと思った時に、後楽園、倉敷の町並み、そして吉備津神社と3つの選択肢で迷ったのですが、雨月物語「吉備津の釜」というのが本当にあるというのを知って、では見に行こうということで選びました.


100F0678

FUJIFILM X100F

 吉備津神社といえば有名なのが国宝の本殿.「比翼入母屋造」、別名「吉備津造」と呼ばれる、吉備津神社ならではの様式です.


100F0685

FUJIFILM X100F

 御朱印もいただきました.


100F0675

FUJIFILM X100F

 境内では猫も眠っていて、土曜なのに参拝者も少なく落ち着いていました.


100F0688

FUJIFILM X100F

 吉備津神社の特徴の一つとも言える長い回廊.訪れる前に吉備津神社のページの地図で見たときには気づかなかったのですが、アップダウンがあり、しかも床はコンクリートで雨が降って濡れている状況だったので滑ります.


100F0692

FUJIFILM X100F

 回廊は途中で分岐しており、こちらに釜があるとの案内が.


100F0697

FUJIFILM X100F

 釜のところまできたら門が閉まっており、なにやら札が下がっています.
 「午後三時をもって(この後ろがかすれてちょっと読めない)」時刻は15時15分.御朱印もらったり猫の写真を撮ったりしてまったりしていなければ間に合ったのに!と後悔することしきり.これは日を改めて再訪せねばなりませんね.


100F0725

FUJIFILM X100F

 夕方になってしまったけど、まだお昼を食べてないんで早めに空港に行ってなにか食べようと思って岡山駅まで戻ったのですが、空港行きバスの時刻表を見たらフライトスケジュールに合わせているらしく15:40のあとは17:00までバスがありません.1時間近く空腹でいるのはつらいなあということで岡山駅の駅ビルの中にある吾妻寿司で鰆(さわら)丼を.岡山界隈ではこの時期限定で刺身で食べられるというので、これは外せないなメニューを見た途端に即決.
 鰆を表面を軽く炙ったもので、これがまた美味しいのです.


100F0730

FUJIFILM X100F

 岡山空港からJAL便で羽田に.岡山-羽田は新幹線が競合していることもあってか、特割で買えば15,000円くらいなのがいいですね.直接の競合がない高松-羽田だと特割でも25,000円くらいしてしまいますし.

 天気はイマイチでしたが、桜の時期ぴったりに旅行できましたし、うどんをはじめとして美味しいものも食べられたので満足の一人旅でした.


 移動ルートはこんな感じ.10時間くらいかけて鉄道で移動した距離を飛行機で1時間で戻ったわけですが、どちらもいいものです.

2017/04/11

うどんと金比羅さん(その3)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 22:17

100F0546

FUJIFILM X100F

 3杯めのうどんを食べたところで再び仏生山駅から電車に乗り、金刀比羅宮を目指します.


100F0558

FUJIFILM X100F

 階段を上り始めます.参道は両側に土産物店などが軒を連ね、さすがの賑わいです.
 自分は借りませんでしたが、店によっては杖を貸してくれるところもありました.


100F0566

FUJIFILM X100F

 境内で唯一、商売をすることを許されているのがこの「五人百姓」と呼ばれる5軒の店.五人百姓は金刀比羅宮に昔からの貢献をしてきた見返りとして商売をここでしており、文献に残っているだけでも数百年もの歴史があるのだとか.訪れた時は1軒休みだったようで四人百姓でしたが.
 売っているのは「加美代飴」という飴のみ.同じものが参道の土産店でも売っていますが、やはりここは歴史を感じるここで買いたいもの.ということで帰りに買って帰りました.一個が幅5-6cmくらいある扇型をしており、これを付属の金槌で砕いて食べるのです.会社への土産にしましたが、美味しいと好評でした.


100F0569

FUJIFILM X100F

 今回の旅行の目的の一つは桜を見ることだったわけですが、タイミング的にはぴったりでした.金刀比羅宮は桜の咲いている場所は限定的ではあるのですが、満開で見頃でした.


100F0579

FUJIFILM X100F

 もう少しで本殿.雨も降っており、人もそれほど多くありません.


100F0584

FUJIFILM X100F

 ようやく本殿に.「ブラタモリ」でもやっていましたが、金刀比羅宮は人気のある神社で寄進物などが多く、それを見せることもあって参道が曲がっていて距離もあるので、時間もかかります.
 雨も降っていて、厳かな雰囲気があります.こんぴら狗のついたお守りと、御朱印をいただきました.


100F0581

FUJIFILM X100F

 天気がいいと遠くまで見渡せるようですが、あいにくの天候です.


100F0593

FUJIFILM X100F

 参拝を済ませたらちょうど3時のおやつの時間.
 資生堂パーラーが運営している「神椿」が境内のすぐ近くにあるのでそこに立ち寄り、神椿パフェとカモミールティーをいただきました.神椿パフェには「おいり」という地元名産の引き出物などに使われるお菓子がのせられています.


100F0603

FUJIFILM X100F

 天気が悪いこともあって、下の方が霞んで見えます.
 靴の選択を誤ったこともあって、雨で濡れた石段が滑るので注意して下ります.800段近い石段を上り下りしたので、ふくらはぎが筋肉痛になってしまいました.


100F0605

FUJIFILM X100F

 ことでんに乗って金刀比羅宮にやってきましたが、帰りはJR琴平駅に.
 綺麗でモダンな駅だなと思ったら、リニューアル工事が完了したばかりだったようです.


100F0607

FUJIFILM X100F

 改札にも金刀比羅宮の社紋が.金刀比羅宮あっての琴平駅という感じがします.


100F0620

 琴平から宇多津に移動し、ここで宿泊.ホテルの部屋から宇多津駅が見える、いわゆるトレインビューのホテル.遠くに瀬戸大橋も見えましたが、この写真では見えませんね.


100F0617

FUJIFILM X100F

100F0615

FUJIFILM X100F

100F0614

FUJIFILM X100F

 うどん4軒目.ホテルから10分ほど歩いて「おか泉」に.
 名物の「ひや天おろし」、そしておでん.食べ応えのあるエビ天2尾にサツマイモ、かぼちゃ、大葉の天ぷら.冷たいうどんだけあって歯ごたえを楽しめました.

 つづきます.

2017/04/09

うどんと金比羅さん(その2)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 22:27

 50分ほど遅れて高松に到着したうえに、小雨のぱらつく残念な天候.
 まあなにはともあれ朝食だろうということでうどん屋に.


100F0509

FUJIFILM X100F

100F0511

FUJIFILM X100F

 1軒目、「うどん さか枝」.セルフのうどん店.食べたのはきつねうどん.
 セルフのうどんといってもいくつか種類があり、天ぷらなどのトッピングを自分で選びうどんは出来上がりを出してくれる店もあれば、ここのようにどんぶりにうどんの玉を入れられた状態で渡されて、自分で湯がいて蛇口からうどんつゆを注いで食べる店もあります.初めて行く店にしてはやや難易度が高い店を選んでしまったようで、湯がくのを忘れてそのままつゆを注いで食べてしまいました.香川出身のかたにあとから聞いた話では、通は湯がかずに食べるそうなのですが、最初はスタンダードな手法でいただきたかったものです.
 というような感じでややぬるいうどんになってしまいましたが、しっかり煮込まれて味のしみ込んだ油揚げと相まって美味しいうどんでした.


100F0512

FUJIFILM X100F

100F0514

FUJIFILM X100F

100F0515

FUJIFILM X100F

 2軒目、「うどんバカ一代」
 本来なら、ここで栗林公園に立ち寄る予定だったのですが、サンライズ瀬戸が遅れたこともあって、栗林公園をスキップしてうどん店のハシゴを.
 食べたのは釜バターうどん.注文すると生卵と醤油の入った容器を渡され、しばらく待っていると粗挽き胡椒のかかったうどんが出てきました.生卵を割り入れ、醤油をたらしてかき混ぜるとカルボナーラに近いものが出来上がります.脂と炭水化物、期待を裏切らない美味しさです.


100F0524

FUJIFILM X100F

 どちらも小を選んだとはいえ、うどん店のハシゴはこたえます.
 散歩しながらゆっくり歩きことでんの瓦町駅に向かい、そこで「ことでん温泉乗車入浴券」を購入.このうちわを見せることで、仏生山温泉の入浴料金600円と、仏生山駅からの320円区間が乗り放題、さらにタオルまでつくというとてもお得な切符(というかうちわ)なのです.ちなみにこれと同じうちわが仏生山温泉でも売られていましたが300円でした.


100F0525

FUJIFILM X100F

 仏生山駅は車両基地が隣接しており、様々な車両を見ることができます.
 左は元京王5000系、右は元京浜急行700系です.すれ違った別の元京王5000系は先頭の方向幕がLED化されているものもありました.


100F0534

FUJIFILM X100F

100F0535

FUJIFILM X100F

 仏生山駅から歩いて数分、仏生山温泉にやってきました.
 一般的な温泉のイメージからかけ離れた、モダンなつくりです.

 温泉はややぬるっとした感触のものでした.露天風呂もあるのですが、2つあるうち片方はかなりの高温でもう片方は冷たいという言葉が似合うような温度だったので早々に退散して内風呂を堪能しました.自宅を出る前にシャワーを浴びてきたのですが、朝風呂はやはりいいものです.


100F0539

FUJIFILM X100F

 湯上がりはやっぱりコーヒー牛乳でしょう(ただしビンに限る).休憩室でコーヒー牛乳をやりながらぼんやりテレビを眺めていると、寝台特急で眠りが浅かったのか眠くなってきてしまいました.横になりたいのをがまんしつつ温泉を出ることに.


100F0542

FUJIFILM X100F

100F0540

FUJIFILM X100F

 お昼どきとはいえ、ちょっとまだ朝食べたうどんが残っており、それほどの量は食べられません.仏生山駅近辺で行こうと思ってリストに入れておいたうどん店があったのですが、そこの売りは肉うどん.この腹具合でちょっと肉うどんは重たい、ここはあっさりしたものを選びたいと思い、仏生山温泉に行く途中で見つけた小さなうどん店「宮武製麺所」に入り、ざるうどんを.飛び込みで入っても期待を裏切らないのがうどん県のすごいところ.うどんが美味しいのはもちろん、つゆの出汁がしっかりしているのです.

 つづきます.

うどんと金比羅さん(その1)

Category: 旅行・観光 — Annexia @ 21:31

 仕事がひと段落しそうなので、どこかに出かけようかと思い立ちました.
 で、この時期なら花見も兼ねて京都だろう…… と思ったのですが、昨今は海外からの旅行客や団塊世代のパックツアーなどで混雑しているようなのでどこか違う場所に、東北はまだ桜は咲いていないので西のほうに、だったらサンライズ瀬戸で高松に行ってうどんを食べつつ金刀比羅宮にお参りすればよいのではと思い立って急遽計画を立てて出かけてきました.


100F0456

FUJIFILM X100F

100F0459

FUJIFILM X100F

 金曜に休暇を取り、木曜の夜から出かけることに.
 利用したのは高松行きの寝台特急「サンライズ瀬戸」.利用するのはこれが初めて.幾つかの種類の個室とカーペット敷きの車両がありますが、予約をしたのが一週間前だったこともあり、個室で残っていたのはシングルの喫煙車のみ.喫煙車がこのご時世に残っているのも驚きではありますが、20年近く前に登場した車両なので、当時の慣習がそのまま受け継がれているのでしょうか.喫煙車だけが売れ残っていたということからも、そろそろ存在を見直してもいいんじゃないかとは思いますが.


100F0464

FUJIFILM X100F

 空いていたのはしかも下段のみ.外から見るとこんな感じ.ホームを歩いている人に見下ろされる感じで、あんまりいい感じではないですね.
 しかも下段だと瀬戸大橋線を走行しているあいだコンクリートの柵に眺望を完全にふさがれることが多く、その点でも残念でした.


100F0465

FUJIFILM X100F

100F0467

FUJIFILM X100F

 室内からだとこんな感じ.外を人が歩いている時に撮影すると犯罪者扱いされそうで気を使います.
 以前に乗車した寝台特急「あけぼの」のB寝台個室はもっと狭く、場所によっては立つと頭をぶつけるくらいでしたが、こちらは狭いなりに快適に過ごせるよう設計されています.
 ただ、やはり乗車時からほんのりとタバコ臭く、他の乗客が吸っている臭いが隙間から入ってくるのが気になりました.次に乗車するときは早めに予約して禁煙車の上段にしようと思いました.

 東京を22時に出て、横浜、熱海、沼津、富士、静岡、そして浜松に停車していきます.東京と横浜からの乗客がほとんどで他の駅はそれほど多くない感じですね.浜松を出ると次の停車は姫路です.ただし、途中で乗務員の交代などでいくつかの駅に停車しました.自分が記憶にあるのは豊橋と大阪です.


100F0492

FUJIFILM X100F

 姫路を出ると岡山に停車し、そこで高松行きの「サンライズ瀬戸」と出雲市行きの「サンライズ出雲」に分割されるのですが、目が覚めたら駅でもないところに停車しており、ちょっと状況が変な感じでした.岡山が近くなったところでアナウンスが入り、途中で上り線の車両が鹿と衝突したとのことで遅れているとのことでした.出雲市方面や高知や松山に向かう人は別の特急に乗り換えるようにとも言われたのですが、高松はこのままサンライズに乗っているのが一番早いそうなので、そのまま乗車.
 岡山に到着した時点で15分ほど遅れていたのが他の列車とのダイヤの都合のせいかさらに遅れ、30分ほど遅れて出発し、さらに途中で先行する列車に急病人が出たとのことでさらに遅れて、結局高松に着いたのは予定より50分ほど後のことでした.


100F0502

FUJIFILM X100F

 駅名表示が「うどん県 さぬきうどん駅」になっています.

 つづきます.

2017/03/24

KOSS PortaPro

Category: 物欲,音楽 — Annexia @ 23:28

100F0381

FUJIFILM X100F

 新しいヘッドホンを購入しました.
 KOSSのPortaPro、正確にはPortaPro PREMIUM RHYTHM BEIGE Japan Editionという、特別色の限定モデルです.
 通常のPortaProはボディカラーが黒で、Amazon限定として白が、他にも赤なども限定で出ています.この色は5,000台限定とのことだそうですが、発売からしばらくたっても普通に売られているところを見るに、それほど人気があるというわけでもなさそうです.


100F0388

FUJIFILM X100F

 なんていうか、いまどきのデザインではない、古さというのも微妙な独特に雰囲気を感じます.発売は1984年とのことで、30年以上も売られ続けているロングセラーモデルです.会社での反応では、医療器具みたいだとか言われてしまいました.色のせいもあるのでしょうか.


100F0393

FUJIFILM X100F

 ケーブルにはコントローラが付いており、ボリューム、1ボタンで再生と停止、曲送り/曲戻し、そしてマイクで通話が可能です.
 音質ですが、ボリューム感のある低音が特長です.かといって高音が犠牲になっているわけではないので、どんな音楽でも楽しめそうです.
 装着感は本体が軽いこともあって長時間つけていてもつらい感じではないです.また、締め付けを3段階で調節する機能が搭載されていますが、いちばんタイトな状態でも痛みを感じるようなことはありませんでした.


100F0394

FUJIFILM X100F

 持ち運ぶときはヘッドバンド部分をいちばん短くし、左右のユニット部を内部に折りたたんで左右をフックで固定することでコンパクトになります.またサイズがぴったりのポーチも付属しています.ただ、オープン型なので音漏れはそれなりにあり、電車などではボリュームのあげ過ぎには注意したほうがよさそうです.自宅で音楽を聴くために買ったものなので持ち運ぶことはそれほどなさそうですが、収納時にポーチにしまっておけるのは利点です.